選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【3分でわかる】全政党の政策比較「安保法制について」



徐 東輝
徐 東輝


【抽選で20名にAmazonギフト券1000円が当たる!】選挙ドットコムの使い勝手などのアンケートにご協力をお願いします

【3分でわかる!全政党の政策比較】
第4弾となる今回は、「安保法制」に対する各政党の立場比較です。


昨年可決された平和安全法制は、国会のみならず国民的な議論を巻き起こしました。今回の選挙では、日本を取り巻く安全保障環境を前提にしたわが国の安全保障政策についても争点となります。
与党が主導する安全保障法制についての評価はもちろん、日米同盟に基づく日米関係や東・東南アジアの国々との関係性など、各党が鋭く対立する安全保障政策について、整理しました。
(本企画は、ivote関西の協力によって選挙ドットコム編集部が実施しています)


■他の政策比較はこちら
>>全政党の政策比較まとめ!
>>政策比較「アベノミクス評価」
>>政策比較「憲法改正について」
>>政策比較「安保法制について」
>>政策比較「原発政策」
>>政策比較「子育て政策」
>>政策比較「TPP」
>>政策比較「消費税増税」
>>政策比較「若者政策」

 

賛成(5党)



自民党
是非について
積極的平和外交の実践として、必要なものであり、日本の安全保障に資するものである。また合憲性に関しても、集団的自衛権の行使容認は合憲的解釈である。


公明党
是非について
平和安全法制は戦争の抑止力になり、日本の安全保障に資するものである。また合憲性に関しても、集団的自衛権の行使容認は合憲的解釈である。


日本のこころを大切にする党
是非について
外交力、国防力の強化による確固たる安全保障の構築のために必要なものである。


新党改革
是非について
必要性、合憲性については賛成するが、国民への説明と諸外国の配慮は必要である。


幸福実現党
是非について
日本を取り巻く環境では当然である。

 

条件付き賛成(1党)



おおさか維新の会
是非について
必要性については賛成するが、現状の自衛権の行使範囲は広きに失し、憲法の範囲内であるべき。集団的自衛権の要件を厳格化し、わが国周辺でのみの行使を認めるべきである。

 

反対(5党)



民進党
是非について
そもそも集団的自衛権の行使を容認する安保法制は違憲である。専守防衛に徹し、集団的自衛権の行使は撤回すべきである。
代案として、領域警備法案等を提示する。


日本共産党
是非について
政権与党が成立させたのは戦争法案であり、憲法9条が許さない集団的自衛権行使を容認する違憲な法律である。直ちに廃案にすべき。
平和的対案として、「北東アジア平和協力構想」を提案する。


社民党
是非について
政権与党が成立させたのは、憲法9条が許さない集団的自衛権行使を容認する違憲な法律である。対案法を制定し、自衛隊の活動を「専守防衛」の水準に戻すべきである。


seikatsu001
是非について
政権与党が成立させたのは、憲法9条が許さない集団的自衛権行使を容認する違憲な法律である。
日米同盟を基軸に、アジア諸国との連携を強化すべきである。


国民怒りの声
是非について
政権与党が成立させたのは、憲法9条が許さない集団的自衛権行使を容認する違憲な法律である。専守防衛で対抗できるため、現在の安保法制は廃案にすべきである。

 

 

7月4日(月)東京市ヶ谷ファン感謝イベント開催!


「東京選挙区を含む、”リアルタイム解説” をします!」

当社取締役CCO,かつ選挙の現場に入って10年の経験をもつ選挙プランナーである松田馨が、超最新の情報で、選挙分析の解説をします!選挙ドットコムを日頃からご愛顧いただいている皆様、ぜひご参加ください!

7月4日(月)20時スタート / 会場:市ヶ谷ザ・サードラウンジ

イベント情報
≫facebookイベントページ
≫Peatixページ

s1

 

候補者はどう選べばいいの?


併せて「どんな候補者が立候補しているのか」「どの候補者に投票しようか」などは、選挙ドットコムの選挙区・立候補情報をご参考ください。senkyoku

■他の政策比較はこちら
>>全政党の政策比較まとめ!
>>政策比較「アベノミクス評価」
>>政策比較「憲法改正について」
>>政策比較「安保法制について」
>>政策比較「原発政策」
>>政策比較「子育て政策」
>>政策比較「TPP」
>>政策比較「消費税増税」
>>政策比較「若者政策」

徐 東輝

徐 東輝

選挙ドットコム副編集長 京都大学法学研究科に在籍中、ivote関西を創設。「若者と政治」をテーマにした事業を展開し、2年間で1万人以上の学生らにアプローチする。2015年に世界経済フォーラム(ダボス会議)グローバルシェイパーに選出。同年、『在日韓国人京大生が教える、憲法の視点からの日韓問題』を出版。まもなく渡米し、大統領選挙に関する情報発信を行う予定。

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.