選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【3分でわかる】全政党の政策比較「アベノミクス評価」



徐 東輝
徐 東輝

【3分でわかる】全政党の政策比較
第二弾となる今回は、「アベノミクス」に対する各政党の評価です。

001

3年毎の半数改選となる今回の参院選は、過去3年間、つまり2013年以降の政権運営に対する評価を国民が下す選挙でもあります。そして、その中心的な論点となってくるのが安倍首相の掲げる経済政策「アベノミクス」への評価です。


有効求人倍率の上昇、3年連続のベース・アップ実現などを根拠に与党側はこれを評価する一方で、内閣府の「消費動向調査」をみても、個人の暮らし向きは一向に良くなっておらず、これをもとに野党は批判的な評価を下しています。選挙ドットコム編集部では各党がどのような主張、評価を行っているのかを整理しました。
(本企画は、ivote関西の協力によって選挙ドットコム編集部が実施しています)
■他の政策比較はこちら
>>全政党の政策比較まとめ!
>>政策比較「アベノミクス評価」
>>政策比較「憲法改正について」
>>政策比較「安保法制について」
>>政策比較「原発政策」
>>政策比較「子育て政策」
>>政策比較「TPP」
>>政策比較「消費税増税」
>>政策比較「若者政策」


jimin001
評価:〇

具体的には?
・為替レート、株価の上昇や失業者数の減少など、確実に「結果」は出ている。

これからどうする?
・機動的な財政政策、成長に資する構造改革を加速。・秋に経済対策を断行。・「成長と分配の好循環」を確立させ、「名目GDP600兆円経済」目指す。


minshin001
評価:×

具体的には?
・実質成長率は低下し、実質賃金も低下している。
・また非正規雇用の数は増加している。

これからどうする?

・分配と成長の両立が必要。・「人への投資」「働き方革命」「成長戦略」を実行する。・消費税引き上げを2年間延期し、マイナス金利は撤回する。


koumei001
評価:〇

具体的には?
・アベノミクスにより国と地方の税収が増えたことは事実。経済再生、デフレ脱却をさらに進め、その実感を地方や中小企業、そして家計へと、国の隅々まで届けたい。

これからどうする?

・中長期的に実質GDP成長率2%程度・名目GDP3%程度を上回る経済成長の実現をめざす。・機動的かつ大胆な経済政策を確かなものとする。・財政健全化目標は堅持。


kyousan001
評価:×

具体的には?
・大企業は三年連続で史上最高の利益を上げた一方で、実質賃金は五年連続でマイナスとなり、格差と貧困が広がった

これからどうする?

・消費税10%は断念すべき。・富裕税(資産5億円超に1~3%の累進の低率で毎年課税)創設。・タックスヘイブンを利用した「税逃れ」を徹底追求。・長時間労働×安定雇用つくる。最低賃金時給1500円をめざす。


ishin001
評価:〇(基本的には評価)

具体的には?
・金融緩和については評価する。ただし財政出動については消費増税したことで効果が薄くなった。自民党のできないところは、規制緩和はさまざまな団体の支援を受ける関係で非常に弱い。

これからどうする?

・消費増税にあたっては軽減税率ではなく給付付き税額控除を導入・バランスの取れたプライマリーバランス赤字ゼロの工程表を作成・一極集中打破(首都・副首都法の制定。大阪都構想)


kokoro001
評価:〇

具体的には?
・財政政策はまだ不十分である。

これからどうする?

・さらなる公共事業の実施する。


shamin001
評価:×

具体的には?
・大企業は過去最高益であるのに、実質賃金はマイナスであり、非正規雇用者数は増加している。

これからどうする?

・消費税10%引き上げは中止・破綻した「社会保障と税の一体改革」を見直し・富裕層への課税強化など、所得再分配機能と応能負担の改革を。


seikatsu001
評価:×

具体的には?
・国民の実質所得は減少し、家庭のエンゲル係数も上昇しており、国民の生活は苦しくなってきている。

これからどうする?

・地域経済活性化のための交付金・中小企業支援策を重視


kaikaku001
評価:〇

具体的には?
・失業保険・雇用保険の積立金は過去最高に詰みあがっている。これはアベノミクスの成功で失業者が減っているからです。

これからどうする?

・「共助力」を使って家庭を起点にした戦略的・成長政策「家庭ノミクス」を更に複数具体的に提示する


kouhuku001
評価:〇

具体的には?
・アベノミクスのもと、マイナス成長を記録。わが国は20年以上に渡る低成長に陥っている。

これからどうする?

・規制緩和や減税を推進
・実効ある成長戦略でGDP1500兆を目指す


ikari001
評価:-

具体的には?
・特に言及なし

これからどうする?

・特に言及なし



候補者はどう選べばいいの?


併せて「どんな候補者が立候補しているのか」「どの候補者に投票しようか」などは、選挙ドットコムの選挙区・立候補情報をご参考ください。senkyoku

■他の政策比較はこちら
>>全政党の政策比較まとめ!
>>政策比較「アベノミクス評価」
>>政策比較「憲法改正について」
>>政策比較「安保法制について」
>>政策比較「原発政策」
>>政策比較「子育て政策」
>>政策比較「TPP」
>>政策比較「消費税増税」
>>政策比較「若者政策」

徐 東輝

徐 東輝

選挙ドットコム副編集長 京都大学法学研究科に在籍中、ivote関西を創設。「若者と政治」をテーマにした事業を展開し、2年間で1万人以上の学生らにアプローチする。2015年に世界経済フォーラム(ダボス会議)グローバルシェイパーに選出。同年、『在日韓国人京大生が教える、憲法の視点からの日韓問題』を出版。まもなく渡米し、大統領選挙に関する情報発信を行う予定。

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.