選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

【3分でわかる】全政党の政策比較「原発政策」



徐 東輝
徐 東輝


【抽選で20名にAmazonギフト券1000円が当たる!】選挙ドットコムの使い勝手などのアンケートにご協力をお願いします
 

原発再稼動


【3分でわかる!全政党の政策比較】
第6弾となる今回は、「原発政策」に対する各政党の立場比較です。


もちろん、今回の参院選でも原発政策は争点となり、国民は冷静な判断が求められます。各党が鋭く対立する論点でありますが、改めて各党の主張を見てみると、即時停止と再稼働の二者択一ではなく、そこには様々なカタチのエネルギーミックスの構図が見て取れます。
今回の参院選で選出される議員の任期は6年。長い任期を持つ参議院議員を選ぶからこそ、原発政策のように長期的な視野が求められる論点は非常に重要です。改めて各党の主張を整理しました。
(本企画は、ivote関西の協力によって選挙ドットコム編集部が実施しています)



■他の政策比較はこちら
>>全政党の政策比較まとめ!
>>政策比較「アベノミクス評価」
>>政策比較「憲法改正について」
>>政策比較「安保法制について」
>>政策比較「原発政策」
>>政策比較「子育て政策」
>>政策比較「TPP」
>>政策比較「消費税増税」
>>政策比較「若者政策」

積極的利用(3党)



自民党
再稼働:◯
新設:◯
原発のこれから:ベースロード電源と位置づけ安全性の確保前提に活用今後のエネルギー政策の方向性:
省エネ・再エネ導入、火力発電の効率化で原発依存度低減
経済成長とCO2排出抑制の両立


日本のこころを大切にする党
再稼働:◯
新設:◯
原発のこれから:
安全が確認された原発は再稼働今後のエネルギー政策の方向性:
多様で安定したエネルギー利用


幸福実現党
再稼働:◯
新設:◯
原発のこれから:安全性が確認された原発は再稼働。核燃料サイクルの確立今後のエネルギー政策の方向性:
再生可能エネルギーは基幹エネルギーになりえない。
原子力発言を推進し、海外にも技術を輸出する。

消極的利用(4党)



公明党
再稼働:◯
新設:☓
原発のこれから:新設は認めず、原発ゼロを目指す。再稼働は住民の了承を得て行う。今後のエネルギー政策の方向性:
原発に依存しない社会へ(省エネ・再生可能エネルギーの最大限導入・火力発電の効率化)


民進党
再稼働:◯
新設:☓
原発のこれから:2030年代にゼロに今後のエネルギー政策の方向性:
2030年までに再生エネルギー30%確保、CO²の30%削減


おおさか維新の会
再稼働:◯
新設:☓
原発のこれから:原発再稼動のための5要件を提示。破綻の明白な核燃サイクル事業廃止今後のエネルギー政策の方向性:
再生可能エネルギーの導入促進


新党改革
再稼働:◯
新設:☓
原発のこれから:安全に止める、やめる、かたずけるを今すぐ国が今後のエネルギー政策の方向性:
消費者が自ら電気を創るというプロシューマ、つまり自給自足の「プロシューマ型社会」を目指す。

再稼働も不可、即時停止も含めた消極的姿勢(4党)



日本共産党
再稼働:☓
新設:☓
原発のこれから:即時ゼロ、九州電力川内原発を即停止今後のエネルギー政策の方向性:
2030年までに再生可能エネルギーで電力の4割まかなう


社民党
再稼働:☓
新設:☓
原発のこれから:2025年までにゼロ、九州電力川内原発即停止今後のエネルギー政策の方向性:
再生可能エネルギーの割合を2050年までに100%に


seikatsu001
再稼働:☓
新設:☓
原発のこれから:脱原発今後のエネルギー政策の方向性:
新エネルギー開発を促進し、新ビジネスと雇用を創出する


国民怒りの声
再稼働:☓
新設:☓
原発のこれから、今後のエネルギー政策の方向性:原発が「安全でクリーンで安価」なエネルギー源であるという神話は3.11東日本大震災で崩壊した。現に電力が供給されている状況の中で、原発の再稼動は認めずに、新エネルギーの開発に全力を傾け転換を達成する

 

 

7月4日(月)東京市ヶ谷ファン感謝イベント開催!


「東京選挙区を含む、”リアルタイム解説” をします!」

当社取締役CCO,かつ選挙の現場に入って10年の経験をもつ選挙プランナーである松田馨が、超最新の情報で、選挙分析の解説をします!選挙ドットコムを日頃からご愛顧いただいている皆様、ぜひご参加ください!

7月4日(月)20時スタート / 会場:市ヶ谷ザ・サードラウンジ

イベント情報
≫facebookイベントページ
≫Peatixページ

s1

候補者はどう選べばいいの?


併せて「どんな候補者が立候補しているのか」「どの候補者に投票しようか」などは、選挙ドットコムの選挙区・立候補情報をご参考ください。senkyoku

■他の政策比較はこちら
>>全政党の政策比較まとめ!
>>政策比較「アベノミクス評価」
>>政策比較「憲法改正について」
>>政策比較「安保法制について」
>>政策比較「原発政策」
>>政策比較「子育て政策」
>>政策比較「TPP」
>>政策比較「消費税増税」
>>政策比較「若者政策」

徐 東輝

徐 東輝

選挙ドットコム副編集長 京都大学法学研究科に在籍中、ivote関西を創設。「若者と政治」をテーマにした事業を展開し、2年間で1万人以上の学生らにアプローチする。2015年に世界経済フォーラム(ダボス会議)グローバルシェイパーに選出。同年、『在日韓国人京大生が教える、憲法の視点からの日韓問題』を出版。まもなく渡米し、大統領選挙に関する情報発信を行う予定。

記事一覧を見る

選挙をもっと、オモシロク。

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.