選挙ドットコム

中西勇太 メッセージ

脳外科医として必死に働くだけでは、我が子も含めた子どもたちの今も未来も危ないと想い行動しています。いつも志は同じです。人がその人らしくあれる幸せを守るため、子どもたちの今と未来を守るため、日本に生まれて良かったと思える国に、吹田市に。

中西 勇太

ナカニシ ユウタ/38歳/男

中西 勇太

父として 医師として 吹田市の未来をまもる

選挙 吹田市議会議員選挙 (2023/04/23) [当選] 2,462 票
選挙区 吹田市
肩書 参政党公認 吹田市議会議員 所属会派 吹田党議員団
党派 参政党
その他
サイト

中西勇太 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

医師として

医師として

父として

父として

吹田市の未来をまもる

吹田市の未来をまもる

SNS情報

中西勇太 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1985年08月21日
年齢 38歳
星座 しし座
出身地 兵庫県丹波篠山市

略歴

  • 1985年(昭和60年)8月生まれ。37歳。兵庫県丹波篠山市で生まれ育つ。篠山小学校、三田学園中学校・高等学校を卒業後。大阪市立大学医学部を卒業。
    現役の脳神経外科医師。2児の父として子育て中。元ラガーマン。
    資格:脳神経外科専門医、医学博士、日本脳神経血管内治療学会専門医、日本脳卒中学会専門医

政治家を志したきっかけ

弱いものいじめが許せなかったから。このままでは我が子も含めた子供達の今も未来も危ないと思ったからです。
日本中の病院や施設でいつまでも続く面会制限、日本中で自分より若い子達も含めて打ちたくなくても強要されたり打たないことで差別を受けた新型ワクチン、子供達の発達に悪いに決まってるのに良いことのように強制され続けているマスク、、それらが、良くないということにも、日本人みんなが気付けないように、情報が与えられていない。
何より強い立場にある人が責任逃れのために、弱い立場の人をいじめるような構図になっている。
父として、医師として、様々なところで訴えても、聞いてくれる人が少数いたとしても、結局変えられない。我が子のことさえこのままでは救えない。
我が子も含めた子供達の今と未来を守るため、全ての世代の方を守るためにどうすれば良いのか。世の中を悪くしているのは、政治であり、それに無関心な日本国民、大人たちです。
政治に参加しようって言われてピンと来なくても。なんでこの人こんなことやってるんだろうって、1人でも気づいて頂けるきっかけになれたら。
日本をよくしたいと思う方々と、この国に生まれて良かったと子供達、若者が思える国にするために、日本をよくしていくための、歯車の一つになりたい。
そう思い政治を志しました。

中西勇太 活動実績

脳神経外科医師として、脳神経外科手術、カテーテル治療をはじめ、目の前の多くの患者様に向き合って医療に取り組んで参りました。医療がクローズアップされることが増えたコロナ禍の中、一医師として責任を持って、テレビなどだけでは詳しく知れない、しかし知るべき情報を患者様やご家族に伝えるだけではなく、多くの方へ伝えたいと思い地域社会活動を行って参りました。
こどもコロナプラットフォームではメンバーとして、こどもえがおプラットフォームでは実行委員として、幼い子どもたちへのワクチン接種や感染症対策において、皆様が知るべき情報の発信に努めてまいりました。
吹田市の学校・園での感染症対策の適正化を求める要望書、請願書を吹田市教育委員会並びに大阪府教育庁に提出しております。

中西勇太 政策・メッセージ

政策メッセージ

●子育て、教育をまもる
・安心して産み育てられる出産・育児支援の実現
・保育、放課後教育、フリースクール等多様な教育環境、
 希望する子育てができる体制の整備
・地域、国の伝統、お陰様に感謝し、大切に思える教育
・学んだことを活かし自分らしく社会で活躍できる教育

●食と健康をまもる
・脳神経外科医としての経験を活かし、命、健康の大切さを伝えます
・体は食事から。医食同源。科学的な物質に依存しない食と医療の実現
・安心、安全な農作物の流通、地産地消の支援。オーガニック給食の実現
・子供たちの心身の成長への影響を第一に考えたコロナ対策を追及

●福祉、地域をまもる
・公務員や教職員の給与見直しを中心とした処遇改善
・コロナ禍で疎遠となった地域コミュニティの再建、商工業振興
・地域コミュニティにより介護の要らない体を守り必要な方への手厚い支援
・多くの公園、緑にも恵まれた吹田市からより魅力ある街作りを目指す

住民の皆様へのメッセージ

私は、医師として、開頭手術やカテーテル治療などこの手で命を預かる仕事をしています。また、父として、幼い子どもたちを育てています。
職業は少し特殊かもしれませんが、皆様と同じ一人の市民の私がなぜこうして政治も志しているか。なぜ参政党なのか。
一人の市民である、父として、脳神経外科医師として、コロナ禍の中で長く続く現在の吹田市の子どもたちの生活が、子どもたちの発達や心に与える危険性を訴えるため、現・吹田市議会議員の方々とお話をさせて頂いたり、教育委員会の方々に要望書を提出するなど、意見を伝えて参りましたが、伝えるだけでは変えることはできませんでした。その結果、令和4年の子どもたちのいじめ等の問題の件数は大きく増えてしまいました。この問題に限らず様々なことを我々大人が共に考え行動しなければいけない。吹田市民のために責任を持って伝えるべきことを伝えてくれる、そんなリーダーが必要だと思います。
市民の皆様のお声を聞き、そして、市民の皆様に知って頂くべき健康、子育てなど市の状況、情報を責任を持ってお伝えする発信者に私がなります。そして行動して参ります。
全ては、吹田市で育つ子どもたちのため、吹田市で暮らす皆様のために。一緒に頑張りましょう。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家中西勇太 (ナカニシユウタ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube