選挙ドットコム

2017年 第48回衆議院選挙。熊本県第4区選挙区から立候補予定の園田博之(そのだ ひろゆき)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/9/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2017年10月22日に投開票が行われる第48回衆議院議員選挙において、自民党熊本県第4区選挙区の公認内定候補者となっている園田博之氏の経歴を見てみましょう。

外務大臣・厚生大臣を父に持つ園田氏

sonoda

園田博之氏は1942年2月19日、熊本県天草郡河浦町の生まれで現在75歳です。父・園田直氏は、内閣官房長官・外務大臣・厚生大臣を歴任しています。習志野市立習志野高等学校を卒業後、日本大学に進学。日本大学経済学部を卒業後は日魯漁業株式会社に入社し、資材部に配属されます。1983年に同社を退職しています。

政治家としては1984年より活躍

1984年に父の地盤を引き継ぎ、第38回衆議院議員総選挙に旧熊本2区から保守系無所属で出馬し、トップで初当選。後に自民党に入党しています。1990年の第39回衆議院議員総選挙で2選。1991年の宮澤内閣では、厚生政務次官に就任します。1993年には自民党を離党し、新党さきがけの結党に参加。同年の第40回衆議院議員総選挙では3選を果たします。

1993年には新党さきがけ代表幹事に就任。1994年の村山内閣では、内閣官房副長官に就任します。1995年には第2次村山内閣で、内閣官房副長官を再任。1996年には新党さきがけ副代表に就任します。同年の第41回衆議院議員総選挙では4選。同年、新党さきがけ幹事長に就任します。

1998年には新党さきがけを離党。1999年には自民党に復党します。2000年の第42回衆議院議員総選挙では5選。2002年には衆議院法務委員長、自民党副幹事長に就任します。2003年の第43回衆議院議員総選挙では、得票数137,428票を得て6選。2004年には自民党郵政改革合同部会座長に就任しています。

2005年の第44回衆議院議員総選挙では、得票数136,380票を得て7選。予算委員会筆頭理事、党政務調査会長代理などの要職を歴任した後、2008年の麻生内閣では政調会長代理に就任します。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、得票数123,900票を得て8選。同年、自民党幹事長代理に就任。同年には自民党を離党し、新党たちあがれ日本を結成。幹事長に就任します。

2012年には太陽の党を結成。同年には日本維新の会に合流。同年の第46回衆議院議員総選挙では、得票数102,975票を得て9選を果たします。2014年には次世代の党を結成。2014年の第47回衆議院議員総選挙では、得票数101,581票を得て10選を果たしました。

2015年には次世代の党を離党。太陽の党党首に就任します。同年、太陽の党解党に伴い、次世代の党へ復党。さらに、次世代の党を離党し、自民党に復党します。

キャッチコピーは「未来に責任 地域に活力 」

園田氏は、HPによれば、政策のキャッチコピーに「未来に責任 地域に活力 」を掲げ、具体的な政策としては、

上益城・宇城地区のために
・産業振興
・社会資本
・暮らし
天草のために
・産業振興
・社会資本
・暮らし

をあげています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム2017年 第48回衆議院選挙。熊本県第4区選挙区から立候補予定の園田博之(そのだ ひろゆき)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube