選挙ドットコム

2017年 第48回衆議院選挙。熊本県第2区選挙区から立候補予定の野田毅(のだ たけし)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/9/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2017年10月22日に投開票が行われる第48回衆議院議員選挙において、自民党熊本県第2区選挙区の公認内定候補者となっている野田毅氏の経歴を見てみましょう。

noda

大蔵官僚出身の野田氏。義父・野田武夫氏の遺志を継ぎ大蔵省を退官

野田毅氏は1941年10月3日、東京都杉並区の生まれで現在75歳です。枚方市立第一中学校、大阪府立寝屋川高等学校を卒業後、東京大学に進学。1964年に東京大学法学部を卒業後は、大蔵省に入省します。保土ヶ谷税務署長、理財局課長補佐を歴任。1968年に野田武夫氏に婿入りし、1972年には野田武夫氏の急死に伴い大蔵省を退官。同年には後継者として衆議院議員総選挙に旧熊本1区選挙区から出馬し、初当選を果たします。

自民党議員では最多15回の当選

野田氏は経済企画政務次官、通産政務次官、衆議院商工委員長の要職を歴任。1989年の宇野内閣では建設大臣として初入閣します。1991年の宮澤内閣では国務大臣・経済企画庁長官として2度目の入閣を果たします。

1994年には自民党を離党。後に新進党に合流します。その後、小沢一郎氏とともに自由党を結成。1999年の小渕第1次改造内閣では、与党・自由党から自治大臣・国家公安委員長として3度目の入閣をします。

2000年には保守党を結成。2001年には保守党党首に就任します。その後、政治団体・保守クラブを経て、自民党に復党しています。2009年の第45回衆議院議員総選挙では熊本県第2区・比例九州ブロックから出馬し、比例単独で当選。2014年の第47回衆議院議員総選挙では熊本県第2区選挙区から出馬し、得票数92,873票を得て15回目の当選を果たします。

現在は、自民党税制調査会最高顧問、自民党社会保障制度に関する特命委員会委員長、自民党所有者不明土地等に関する特命委員会委員長などの要職に就いています。

キャッチコピーは「さらに、前進」

野田氏は、HPによれば、政策のキャッチコピーに「さらに、前進」を掲げ、具体的な政策としては、

・主権回復の日について
・消費税について
・日中関係について

をあげています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム2017年 第48回衆議院選挙。熊本県第2区選挙区から立候補予定の野田毅(のだ たけし)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube