選挙ドットコム

2017年 第48回衆議院選挙。神奈川県第16区選挙区から立候補予定の後藤祐一(ごとう ゆういち)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/9/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2017年10月22日に投開票が行われる第48回衆議院議員選挙において、希望の党神奈川県第16区選挙区の公認内定候補者となっている後藤祐一氏の経歴を見てみましょう。

神奈川県生まれの後藤氏。経済産業省出身

後藤祐一

後藤祐一氏は1969年3月25日、神奈川県横浜市生まれで現在48歳です。相模原市立上鶴間中学校、神奈川県立厚木高等学校を卒業後、東京大学に進学。東京大学法学部を卒業後、1992年に通商産業省に入省します。スタンフォード大学・カナダ外務貿易省への出向後、2005年に経済産業省を退官しました。

政治家としては2009年より活躍

2006年の衆議院議員神奈川県第16区補欠選挙では、民主党公認候補として出馬するも落選。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、神奈川県第16区選挙区から出馬し初当選します。2012年の第46回衆議院議員総選挙では、小選挙区で敗退。比例南関東ブロックで復活し再選。内閣委員会理事、民主党政調筆頭副会長などを歴任後、2014年の第47回衆議院議員総選挙で3選を果たします。

民進党国対副委員長、民進党青年局長代理などを歴任。2017年に民進党に離党届を提出するも、除籍処分に。9月27日には新党「希望の党」設立会見において、結党メンバーの1人として参加しました。

キャッチコピーは「地元出身にチカラを!」

後藤氏は、HPによれば、政策のキャッチコピーに「地元出身にチカラを!」を掲げ、具体的な政策としては、

1.3つの基本理念
1.寛容の精神を大切にする「リベラル保守」
2.人口減少を直視した持続可能な社会を
3.「開かれた国益」と現実的な安全保障

2.5つの具体策
1.結婚できる社会
2.議員定数削減
3.ムダ全廃
4.脱原発(安易な再稼働反対)
5.透明な政府(オープンガバメント)

をあげています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム2017年 第48回衆議院選挙。神奈川県第16区選挙区から立候補予定の後藤祐一(ごとう ゆういち)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube