選挙ドットコム

いまさら聞けない参議院選挙の仕組み③一票の格差問題

2015/7/14

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

前回は参院選の投票区の説明と当選の仕組みについて触れました。今回はその投票区にも関連する話で「一票の格差問題」についてまとめてみました。

参院選特集3

参院選の「選挙区選挙」だと、有権者1人は候補者1人に対して投票できます。つまり1人1票持っています。しかし全国47選挙区から選出される73人の議員の間には、1票の重みが選挙区によって異なるという現象が起こっています。

議員定数と有権者数の関係

例えば2013年の参院選時には、北海道の有権者約460万人に対して議員定数が4人、鳥取県の有権者約48万人に対して議員定数2人でした。有権者数は約10倍の開きがあるのに、議員定数は2倍しか変わりません。これを議員1人当たりの有権者数で計算すると、北海道は約115万人で鳥取県は約24万人。その差は厳密な計算では4.77倍になります。つまり鳥取県の1人1票の重みを基準にすると、北海道では1人0.21票しかないということです。このように1票の重みが地域によって異なるのが「一票の格差問題」です。

それでは1票の格差問題について、過去の参院選を振り返ってみましょう。初めて参院選が実施された1947年には最大格差が2.62倍でした。その後都市部での人口増加を背景に、92年の参院選では過去最高の6.59倍まで格差が広がりました。その後、選挙区の定数の増減で調整が図られ、13年の参院選では4.77倍になりました。では1年後に迫った2016年の参院選では、「一票の格差問題」はどうなるのでしょうか?

次回は一票の格差問題をどのように是正すべきか、「参院選挙制度改革」の流れをおさらいしてみます。

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

簡単政治ネット献金
採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラムいまさら聞けない参議院選挙の仕組み③一票の格差問題

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube