選挙ドットコム

今日は参院選1年前!?いまさら聞けない参議院選挙の仕組み①

2015/7/10

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

今日は参議院の選挙制度改革が話題になっていましたが、これは「参議院議員通常選挙」で「1票の格差問題」を是正するため、選挙区の一部を「合区」し、議員定数を「10増10減」する方向でようやく改革案がまとまりかけているからです。

と、こうした記事を書くと「1票の格差問題」「合区」など、すぐに専門用語が飛び交うことに…。選挙ドットコムでは、とにかく「選挙をオモシロク、わかりやすく」をテーマにしていますので、こうした専門用語についても順次解説をしていきたいと思います。

まずは今回、参院選ってそもそも何?というところからスタートしたいと思います。

参院選特集1

正式名称、知ってました?

参院選の正式な名称は「参議院議員通常選挙」です。「通常」が入るんですね。衆院選の場合は「衆議院議員総選挙」が正式名称で「総選挙」とも呼ばれます。参院選は総選挙とは言いません。それぞれ「第◯◯回参議院議員通常選挙」というように、何回目の選挙なのかが表記されます。衆議院と参議院、2つの選挙の違いを見てみましょう。

通常選挙と総選挙

私たちが投票で選べる国会議員は衆議院議員と参議院議員の2種類です。それぞれに当選人数が決まっていて、衆院議員は合計475人、参院議員は合計242人です。衆院選では475人を一斉に投票で選ぶので総選挙と言い、参院選は242人のうち半分の121人だけ選ぶので、総選挙ではなく通常選挙と言います。

任期は衆議院が4年で参議院が6年。衆議院は解散することもあるので選挙サイクルは不安定です。解散した場合は「解散総選挙」と言いますね。一方参議院には解散がないので、議員にとっては任期満了まで6年間自分の選挙はありませんが、必ず3年ごとに参院選は行われています。現在の参院議員242人の構成は、基本的には2010年の当選組121人と2013年の当選組121人に分かれています。

常に両組の選挙サイクルが3年ずれていることで、参院選自体は3年に1度必ず実施されることになります。1度の選挙で参院議員の半分が入れ替わるので「改選」とも言われ、来年の参院選は2010年の当選組を改選するための選挙となります。

任期満了日と選挙の投開票日

ニュースなどを聞いていると、「任期満了に伴う◯◯選挙は…」という表現を耳にされたことがあると思います。政治家にはそれぞれ任期が決まっており、任期満了日より前に選挙を行います。そうすることで、任期満了を迎えた政治家が新しい政治家と入れ替わるための「入れ替わり期間・引き継ぎ期間」が用意されるのです。

2010年に当選された参議院議員の任期は2016年7月25日(月)までです。選挙の投開票日は基本的に日曜日になりますので、2016年7月10日(日)投開票の可能性が高いと予想されます。そんなわけで今日は、第24回参議院通常選挙まで、あと1年ということになります。

このように衆院選と参院選、同じようで色々と違いがあるんです。次回は選挙制度の「選挙区」と「比例区」についてまとめたいと思います。

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

簡単政治ネット献金
採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム今日は参院選1年前!?いまさら聞けない参議院選挙の仕組み①

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube