選挙ドットコム

「ちょうどいい田舎」。長野県の中野市長選は、新人と現職の一騎打ち!

2020/11/12

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

11月8日に告示された中野市長選には、新人の湯本隆英(ゆもと・たかひで)氏(62)、現職の池田茂(いけだ・しげる)氏(67)の無所属2名が立候補しました。投開票は11月15日に行われます。

今回は池田市政の是非、新型コロナウイルス対策、少子高齢化が進む中でのまちづくり・活性化策などが争点と考えられます。

わかりやすく・すばやく・丁寧な市政 湯本氏

湯本氏は中野市出身、日本大学商学部卒業。眼鏡専門店勤務を経て家業の眼鏡店を継ぎました。2002年の中野市議選に初当選、以降5期連続当選しました。中野市議会議長を歴任しました。

人口減少やポストコロナ社会に的確に対応 近藤氏

近藤氏は中野市出身、一橋大学社会学部卒業。株式会社横浜銀行行員、株式会社浜銀総合研究所出向を経て2006年に有限会社信濃植産種苗取締役に就任しました。2012年の中野市長選に初当選、2016年に再選。今回は3期目への挑戦となります。

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

簡単政治ネット献金
採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム「ちょうどいい田舎」。長野県の中野市長選は、新人と現職の一騎打ち!

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube