選挙ドットコム

11月10日投開票の袖ケ浦市長選挙で新人の粕谷智浩氏が初当選 千葉県

2019/11/11

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

11月10日に投開票された袖ケ浦市長選挙では新人の粕谷智浩氏が新人2人を破り初当選しました。投票率は47.33%でした(前回の市長選の投票率は48.3%)。

袖ケ浦市長選挙
当選 粕谷智浩 9755票
福原孝彦 7495票
塚本幸子 7175票

2012年から市議を務め、今回の市長選で初当選 粕谷氏

粕谷氏は神奈川大学工学部卒業、神奈川大学大学院工学研究科博士前期課程修了。2002年に有限会社袖ケ浦無線に入社。千葉県ふさの国商い未来塾の8期生として学び、また地域振興事業「サマーフェスティバルin昭和」の立ち上げにも携わりました。2012年の袖ケ浦市会議員選挙に初当選し、2016年の袖ヶ浦市議選にも当選しました。議会では地域活性化推進特別委員会の委員長などを務めています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム11月10日投開票の袖ケ浦市長選挙で新人の粕谷智浩氏が初当選 千葉県

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube