選挙ドットコム

【秦野市長選】4選を目指す現職候補に新人候補が挑む。新人 高橋昌和氏 VS 現職 古谷義幸氏

2018/1/19

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

スライド1

任期満了に伴う秦野市長選が1月14日告示されました。立候補したのはいずれも無所属で新人の高橋昌和氏(61)、現職の古谷義幸氏(70)の2名です。投開票は1月21日に行われます。

市職員としての経験を活かし、市役所の改革を行いたい。新人 高橋昌和氏

takahashi

高橋氏は元秦野市福祉部長。昨年3月まで38年間、市職員として務めてきました。今回の立候補の理由として「市政は評価すべき点もあるが、議論の不十分な進め方や人事の偏りといった長期政権の弊害が出てきている」と古谷氏の多選を批判。さらに「トップの思い付きや職員任せなど、閉塞感や停滞感が漂っている。不要不急の事業に血税が使われ、市に大きな損失を与えている」と述べ、「これまでの経験を活かし、ふるさと秦野のために働きたい」と意欲を見せました。そして、現在の市政に求められているのは「4選阻止」と「市役所改革」の2つとし、国、県、市が連携を取れる体制を構築することを指針に掲げました。

高橋氏は法政大学卒業。1979年に秦野市役所に入庁し、企画課長、環境産業部長、財務部長、福祉部長などを務めました。

期待に応えることが責務、自己管理と将来への街づくりを。現職 古谷義幸氏

furuya

4期目を目指す古谷氏は、3選を目指した前回は「仕上げの期間」と位置付けましたが、「これからも任せたい、という声に応えることが責務」として今回の立候補の理由を述べました。これまでの実績として秦野駅北口のショッピングセンターの建て替え、カルチャーパークの整備などを挙げています。現状については「市内の水道や下水道の巨大インフラの劣化に備え、しっかりと自己管理しながら将来に備えるべきだ」と市が抱える課題を指摘。また街づくりとして新東名高速道路や国道246号バイパスの完成を活かしたい考えです。

古谷氏は法政大学卒業。28歳で市議に初当選し、4期務めました。県議を2期務めた後、2006年に市長選に初当選を果たし、今回は4期目への挑戦となります。

前回の投票率は39.62%。新人と現職の一騎打ちとなった今回は?

古谷氏は3期12年の実績を持っているものの、多選への批判や年齢に対する懸念などもあります。投票率の低下も懸念される中、市民はどちらの候補者に票を投じるでしょうか。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

簡単政治ネット献金
採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム【秦野市長選】4選を目指す現職候補に新人候補が挑む。新人 高橋昌和氏 VS 現職 古谷義幸氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube