選挙ドットコム

日本最大級の選挙・政治家情報サイト

日本で一番の激戦。結果が読めない愛媛県選挙区



鈴鹿 久美子
鈴鹿 久美子

「横一線!」

両陣営が同じ言葉で訴える愛媛選挙区は、正に「横一線」の戦いが繰り広げられていた。
7月4日18時。夏至を過ぎたばかりの自民党山本順三候補の演説会場は、昼間の様に明るい。開始30分前、支持者が集まり始めた会議室には椅子が100席。座席が足りずに立ち見も増えてきた頃、地元県議から開会の挨拶が始まった。

自民党大物たちが応援に入る必死ぶり


 

ejo,e001ここは山本候補の出身地、愛媛県今治市のJA支店。
選挙戦12日目。平日の個人演説会に自民党の重鎮が来場するという。
地元の県会議員らの演説の後、会場に入ってきたのは村上誠一郎衆議院議員(64)だった。大きな身体で演壇に立つなり、檄を飛ばした。「三十数回選挙をやってきた中で一番厳しい選挙です」。冒頭の挨拶もそこそこに、山本候補を「実質的な(国土交通)大臣」と持ち上げ、「愛媛県の中で勝てているところが一つもない!」と支持を訴える。10分程の演説だっただろうか、次へ移動しなければならないと言いながら、最後の一言で声を詰まらせ、目頭を赤くさせた。さすがは人情派と言われる村上誠一郎衆議院議員。

ehime002次に控えていたのは細田博之自民党幹事長代行とこちらも大物。細田氏もそれまでの応援弁士と同じく「横一線」を訴える。北朝鮮への危機感から「ニコニコしていればいいという安易な時代は終わった」「万が一のときには必ず備える」と。聞いている私がハラハラしたのは、JAの支店を会場にしながら、農業の話が全く出てこないことだった。やっと「みかん」とのセリフが出てきたが、隣に座っていた白髪の男性が「遅いわ」とポツリ。
細田氏は、一人も漏らさず集票したいのだろう。今治市の産業を網羅して産業全ての話題に触れようとしていた。必死とはこのことなのだろう。「とにかく知人に声をかけてください!」と何度も繰り返していた。

「数パーセントなんです。差が!」結果が読めない選挙区


 

ehime004予定時間を遅れて山本候補が会場に文字通り駆け込んできた。日に焼けた顔は、壁に貼られたポスターと別人かと見紛う。
声が出ないからと大音量が出る別のマイクに持ち替え、訴える話は「相手候補と数パーセントしか差がない!」から始まった。相手候補である永江たかこ氏を指して、「数パーセントなんです。差が!」。
松山市で強い永江たかこに勝つには、この今治で「一人でも2人でも声をかけて」と訴えた。

民進党も大物たちが応援。熱の入る選挙


ehime005この前日、無所属で野党統一候補の永江たかこ候補は愛媛県宇和島市に居た。宇和島駅を降りて10分程歩いた先にある道の駅「きさいや広場」には、民進党枝野幹事長が応援演説に入っていた。
プラカードを手にした支持者が、枝野幹事長の話に聞き入る。
枝野氏は、「(自民党は)基本の農業を打ち壊す。これまで大事にしてきたことを壊そうとしている。もう昔の自民党ではないと、自民党を信じて来た人に知らせて下さい。」永江候補が手を振る横で、枝野幹事長の演説は熱を帯びた。「今度ばかりは安倍さんの暴走に歯止めをかけなければならない!」

アナウンサーの柔らかい声とは程遠く


ehime007枝野幹事長からマイクをバトンタッチされた永江候補は、6月29日に松山市内で4野党結集した時の演説とは雰囲気がまるで変っていた。アナウンサー出身の熟れた柔らかな声は消え、突き上げる拳に聴衆が呼応する。知名度はどの調査でも永江氏がリードするなか、それでも「横一線の戦い」を訴える。
演説を終え、幹事長の車を見送った後も、永江候補は有権者と握手を交わす手を休めない。
1時間経っただろうか。青空が夕焼けに変っていた。有権者数4万人弱の宇和島の道の駅に、公称1,000人が集まっていた。

 

まさに総力戦。今週数日が当選を決める


ehime008翌朝、松山市内のホテルでこの原稿を書いていると、何やら演説調の音が聞こえてきた。男性の声だが山本氏とは違う。窓から見てもどこの政党か分からなかったので、取るものも取り合えず通りへ飛び出した。
そこにあったのは共産党の選挙カーだった。
「永江たかこ!永江たかこを宜しくお願いします!」
そうか。永江たかこ氏は野党統一候補なのだ。
マイクを持っていたのは、共産党広島選出の大平よしのぶ衆議院議員だった。
「選挙区は永江たかこに!比例は共産党に!」
あれ?このセリフどこかで聞いたことがあるような。
そうか、「選挙区は自民党に!比例は公明党に!」

まさに総力戦の一騎打ち。横一線の戦いは、正に横一線。投票箱を開けてみるまで、結果は分からない。
鈴鹿 久美子

鈴鹿 久美子 : 政治家のためのブランディング戦略家

政策秘書として6人の国会議員に仕える中で、一瞬の笑顔で有権者をファンにする議員、握手をすればする程嫌われる議員等、議員の命運が一瞬の印象で分かれることを知る。 さまざまな選挙実務を通して、勝つ人と負ける人の違いを分析。秘書時代15年を通し勝つノウハウを積み上げる。 2012年解散総選挙で、離職せざるを得ない秘書の受け皿をつくりたいと政策秘書を辞職。秘書と議員のマッチングを図る日本で唯一の議員秘書専門人材紹介会社「議員秘書ドットコム」を立ち上げ、テレビ、新聞等マスコミから注目を浴びる。 現在は、議員秘書の人財紹介に加え、議員秘書養成、国会議員のコンサルティング、立候補者を戦略的に当選に導く「立候補者スキルアップ講座」を開講。服装から政策、キャッチフレーズ、演説まで、圧倒的な印象形成で有権者を魅了する「好感度の科学」を用い、2014年の統一地方選、2016年の首長選挙で引き受けた候補者を政党問わず全員当選に導く。通称「勝たせ屋」。 株式会社 InStyle 代表取締役

記事一覧を見る

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を掲載する日本最大級の選挙・政治家情報サイトです

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.