選挙ドットコム

古田 ひろき ブログ

コロナにオリゴ糖!

2021/3/4

こんにちは。

中央区の古田ひろきです。

現在、週刊チラシを発行しておりますので、アップしてまいりたいと思います。

時事的なネタでもありますので、Vol4からになります。

今回のテーマは、「コロナには"フラクトオリゴ糖"が有効!」です(^_^)/

コロナ対策には酪酸菌を増やすことがカギ

大川隆法党総裁が説かれた『秘密の法』講義によると、コロナ対策には酪酸菌が有効であると紹介されました。

また、東大の微生物博士の小柳津広志名誉教授は、コロナで亡くなるのは、獲得免疫の暴走からだと言います。

感染後7日以上経つと、獲得免疫が激しく働きだします。

獲得免疫の攻撃で炎症が広がり観戦していない細胞まで殺してしまい、ひどい状態になると生命の危機になってしまうのです。

この暴走を抑えるためには、酪酸菌を増やすことで、無症状・無感染にできるようです。

フラクトオリゴ糖で酪酸菌5倍増加

酪酸菌を増やすと、アレルギーなどの獲得免疫の暴走は短時間(5、6時間)で治るようです。

食物アレルギー、花粉症や喘息は炎症のタイプは違えど、同様の原因ですので、一緒に治ってしまうとか!

そして、酪酸菌を増やすためにフラクトオリゴ糖は、「ゴボウ、キクイモ、ヤーコンなどのキク科植物やネギ、タマネギ、ニンニクなどのネギ属」に多く含まれています。

毎日、ゴボウ1/2本、タマネギ1個食べることが推奨されていますが、続けることは大変ですので、サプリがオススメです。

ワクチンには期待できないので、自己防衛を。

日々、変異種が出てきています。

そのため、ワクチンによるコロナ克服は困難です。

しかし、恐れすぎることはありません!

心を強く、食生活などからコロナ対策を行っていれば、極端に恐れるものではありません。

20年の自殺者数は2万919人と11年ぶりに増加しました。

コロナ対策と称した政治的判断がもたらした許せないものです。

メディアも恐怖ばかり煽り、精神が壊れてしまう人も出てきます。

第一には、心の持ち方ですが、食生活において気を付けることも大変重要なことです。

気持ちを強く、フラクトオリゴ糖を採って、皆さんが健康で人生を豊かに意義のある時間を過ごされることを心からお祈りしております。

 

この記事をシェアする

著者

古田 ひろき

古田 ひろき

選挙 中央区議会議員選挙 (2019/04/14) 207 票
選挙区

中央区議会議員選挙

肩書 幸福実現党中央地区代表                            いじめから子供を守ろうネットワーク 中央区担当
党派・会派 幸福実現党
その他

古田 ひろきさんの最新ブログ

古田 ひろき

フルタ ヒロキ/28歳/男

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube