選挙ドットコム

沖縄市長選挙は新人と現職の一騎打ち!4月24日投票 沖縄県

2022/4/23

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

投票

4月17日に告示された沖縄市長選挙には、立憲民主党・共産党・社民党、地域政党の沖縄社会大衆党が推薦する新人の森山政和(もりやま・まさかず)氏(73)、自民党と公明党が推薦する現職の桑江朝千夫(くわえ・さちお)氏(66)の無所属2名が立候補しました。投票は4月24日に行われます。

今回は桑江市政の是非、新型コロナ対策、市街地の活性化策、子育て支援策などが争点と考えられます。

人材育成に力を入れ、平和・教育・福祉・文化・経済で誰ひとり取り残さない市政を 森山氏

森山氏は沖縄県宜野座村生まれ、武蔵野音楽大学声楽科卒業。沖縄県内の中学校で音楽教諭、教頭、校長を務めました。2009年に定年退職し、2010年から沖縄市議を3期務めました。

森山氏は以下の政策を掲げました。

約400億円の経済効果が見込まれる1万人アリーナが完成したら、三大無料化を実現させたい 桑江氏

桑江氏は沖縄市生まれ、日本大学法学部卒業。衆議院議員・小渡三郎氏公設秘書、衆議院議員・渡辺美智雄氏私設秘書を経て、1994年から沖縄市議を3期務めました。2006年の沖縄市長選挙に立候補しましたが落選し、2008年から沖縄県議を2期務めました。2014年の沖縄市長選挙に初当選、今回は3期目を目指しての立候補となります。

桑江氏は以下の政策を掲げました。

沖縄県沖縄市長選挙 4月24日投票 候補者一覧>>

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

参議院議員選挙
簡単政治ネット献金
採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム沖縄市長選挙は新人と現職の一騎打ち!4月24日投票 沖縄県

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube