選挙ドットコム

豊川市長選挙は10月6日投開票。新人2名の一騎打ちに|竹本幸夫氏 VS 中村優子氏 愛知県

2019/10/4

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

9月29日に告示された豊川市長選挙には、自民・公明の2党が推薦する竹本幸夫氏(65)、共産党が推薦する中村優子氏(71)の無所属新人の2名が立候補しています。投開票は10月6日に行われます。

今回は八幡地区のまちづくり、子育て支援などが主な争点と考えられます。

市民と暮らしやすく健全なまちづくりを創りたい。竹本幸夫氏

竹本氏は1954年豊川市生まれ、立命館大学理工学部卒業。1978年から豊川市職員として勤め、その間に教育委員会生涯学習課長、企画部企画課長、企画部次長、豊川宝飯衛生組合事務所長、企画部政策調整監などをを歴任しました。今年7月まで豊川市副市長を務めていました。

竹本氏の掲げる政策は?

竹本氏は「元気な豊川をリードする 3つの基本理念と10の戦略」をスローガンに以下の政策を掲げました。

大型開発の見直しと市民の声が届く市政を実現させたい。中村優子氏

中村氏は1948年山形県上山市出身、東京教育大学理学部数学科卒業。3年間の横浜での私学勤務を経て愛知県に転勤し、58歳まで豊川高校の教諭を務めました。これまで新日本婦人の会県本部委員、集団的自衛権行使容認に反対する豊川住民の会事務局長、民生委員・児童委員を歴任しました。

中村氏の掲げる政策は?

中村氏は「市民の声がちゃんと届く市政に」をスローガンに以下の政策を掲げました。

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム豊川市長選挙は10月6日投開票。新人2名の一騎打ちに|竹本幸夫氏 VS 中村優子氏 愛知県

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube