選挙ドットコム

【川西市長選】新人2名の選挙戦に。森本猛史氏 VS 越田謙治郎氏

2018/10/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部


10月14日に告示された川西市長選には、自民党が推薦する森本猛史氏(38)、越田謙治郎氏(41)の新人無所属の2名が立候補しました。投開票は10月21日に行われます。
3期12年間務めた現職の大塩民生氏(72)が引退し、新人2名の争いとなりました。今回の争点は現市政の継承の是非が問われそうです。

地方創生時代に「かわにしブランド」を創出したい。森本猛史氏

森本氏は川西市出身、立命館大学経営学部卒業。株式会社ゴールドウインの営業職を経て、2010年および2014年の川西市議選に連続当選しました。今年8月に辞職し、現職の大塩氏の後継者として立候補しました。

森本氏は「政策 実現力!!進もう、次なる川西へ。」をスローガンに、子育て・福祉・医療などを中心とした以下の政策を掲げました。

川西市長選 選挙公報

「かわにし新時代」を市民とともにデザインしたい。越田謙治郎氏

越田氏は同志社大学法学部卒業。教育関連の出版社勤務を経て、2002年から2期川西市議を務めました。2011年および2015年の兵庫県議選に連続当選し、2期務めました。


越田氏は「時代が変わる。川西を変える。さあ、かわにし新時代へ。」をスローガンに、子育てや地域経済、福祉を中心とした以下の政策を掲げました。

川西市長選 選挙公報

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【川西市長選】新人2名の選挙戦に。森本猛史氏 VS 越田謙治郎氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube