選挙ドットコム

西宮市長選挙立候補予定。本井敏雄(もとい としお)氏の学歴・経歴・政策は?

2018/3/15

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2017年12月1日の記者会見において、任期満了にともなう西宮市長選(4月8日告示、15日投開票)本井敏雄氏が立候補を表明しました。

本井氏は元西宮市副市長で、無所属での立候補です。

この西宮市長選には本井氏以外に、元衆議院議員でコンサルティング会社社長の石井登志郎氏、元西宮市議の上田幸子氏、元兵庫県議の吉岡政和氏、市議の村上博氏、前加西市長の中川暢三氏が立候補を表明しています。

西宮市出身の本井氏。元西宮副市長から市長選へ

本井敏雄

本井敏雄氏は1951年4月7日、兵庫県西宮市の生まれで現在66歳です。甲陽学院高等学校を卒業後、大阪大学に進学。大阪大学大学院土木工学専攻を修了後、1977年に兵庫県土木部交通政策課に勤務します。1988年には関西国際空港株式会社に出向。2009年には兵庫県まちづくり担当部長、2010年から2014年には西宮市副市長に就任しました。2014年には株式会社柄谷工務店に入社。2017年に同社を退職しています。

本井氏の政策ビジョン

本井氏は後援会のホームページによれば、政策のビジョンとして

もっといいビジョン1
「元気な」まち、西宮へ
活き活きと、学び、育て、働ける環境づくり。

もっといいビジョン2
「明るい」まち、西宮へ
誰もが笑顔で明るい毎日を過ごせる環境づくり。

もっといいビジョン3
「夢のある」まち、西宮へ
自然、スポーツ、芸術とふれあえる環境づくり。

をあげています。

本井氏の立候補への抱負

本井氏は、現市政の子育て・福祉の施策や公共施設の再配置などが場当たり的と批判。「西宮のシティブランドも最近失われつつある。都市間競争に勝ち抜き、衰退しないまちづくりを目指したい。長い行政経験も生かす」と抱負を語りました。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム西宮市長選挙立候補予定。本井敏雄(もとい としお)氏の学歴・経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube