選挙ドットコム

2017年 第48回衆議院選挙。島根県第1区選挙区から立候補予定の細田博之(ほそだ ひろゆき)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/9/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2017年10月22日に投開票が行われる第48回衆議院議員選挙において、自民党島根県第1区選挙区の公認内定候補者となっている細田博之氏の経歴を見てみましょう。

運輸大臣などを歴任した父を持つ細田氏

細田博之氏は1944年4月5日、島根県松江市の生まれで現在73歳です。父・細田吉蔵氏は行政管理庁長官・防衛庁長官・運輸大臣を歴任しています。東京教育大学附属駒場高等学校を卒業後、東京大学に進学。1967年に東京大学法学部を卒業後、通商産業省に入省します。通商政策局経済協力部経済協力企画官、石油公団ワシントン事務所長、産業政策局物価対策課長兼同局総務課産業政策企画官を歴任後、1986年に同省を退官。同年には衆議院議員・細田吉蔵氏の政治秘書になります。

政治家としては1990年より活躍

1990年の第39回衆議院議員選挙では、島根全県区より出馬し初当選します。1993年の第40回衆議院議員選挙で2選。1994年には経済企画政務次官に就任します。1996年の第41回衆議院議員選挙では、島根県第1区選挙区より出馬し3選。1998年には通商産業総括政務次官に就任します。

2000年の第42回衆議院議員選挙で4選。自民党副幹事長、自民党総務局長を歴任後、2002年の第1次小泉改造内閣では、国務大臣(沖縄及び北方対策担当、科学技術政策担当、情報通信技術担当)に就任しました。2003年には内閣官房副長官に就任。同年の第43回衆議院議員選挙では、得票数117,897票を得て5選を果たします。

内閣官房長官、男女共同参画担当大臣を歴任後、2005年の第44回衆議院議員選挙では、得票数125,401票を得て6選。自民党国会対策委員長、自民党幹事長などの要職を歴任した後、2009年の第45回衆議院議員選挙では、得票数122,595票を得て7選。2012年には自民党総務会長に就任します。同年の第46回衆議院議員選挙では、得票数112,605票を得て8選。自民党幹事長代行に就任します。

2014年の第47回衆議院議員選挙では、得票数100,376.票を得て9選を果たします。2016年には自民党総務会長に就任。現在は、自民党行政改革推進本部長の要職に就いています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム2017年 第48回衆議院選挙。島根県第1区選挙区から立候補予定の細田博之(ほそだ ひろゆき)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube