選挙ドットコム

2017年 第48回衆議院選挙。青森県第3区選挙区から立候補予定の大島理森(おおしま ただもり)氏の人柄・学歴・経歴は?

2017/9/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2017年10月22日に投開票が行われる第48回衆議院議員選挙において、自民党青森県第3区選挙区の公認内定候補者となっている大島理森氏の経歴を見てみましょう。

衆議院議員を歴任した叔父を持つ大島氏。毎日新聞記者出身

大島理森氏は1946年9月6日、青森県八戸市の生まれで現在71歳です。元衆議院議員の夏堀源三郎氏は叔父にあたります。八戸市立三条小学校、八戸市立三条中学校、青森県立八戸高等学校を卒業後、慶応義塾大学に進学。慶應義塾大学法学部法律学科を卒業後は、毎日新聞社に入社します。

政治家としては1975年より活躍

大島氏は、1975年の青森県議会議員選挙に出馬し初当選。1983年の第37回衆議院議員総選挙では、初当選を果たします。1986年の第38回衆議院議員総選挙で再選。衆議院議員運営委員会理事、自民党民事局長、衆議院議員運営委員会理事、自民党青森県支部連合会会長の要職を歴任します。

1990年の第39回衆議院議員総選挙で3選。同年の第2次海部内閣では内閣官房副長官に就任。自民党青森県支部連合会会長、自民党国会対策委員会副委員長、衆議院議院運営委員会理事、自由民主党宣伝局長の要職を歴任します。

1993年の第40回衆議院議員総選挙で4選を果たした後、自民党副幹事長に就任。自民党青森県支部連合会会長を経て、1995年の村山改造内閣では国務大臣・環境庁長官に就任します。自民党国会対策委員会副委員長を経て、1996年の第41回衆議院議員総選挙では5選。2000年の第42回衆議院議員総選挙では6選を果たします。

2000年の第2次森内閣では、文部大臣・科学技術庁長官に就任。自民党国会対策委員長を経て、2002年の小泉内閣では農林水産大臣に就任します。2003年の第43回衆議院議員総選挙では、得票数86,909票を得て7選。2005年の第44回衆議院議員総選挙では、得票数90,925票を得て8選。2009年の第45回衆議院議員総選挙でも、得票数90,176票を得て9選を果たしました。自民党幹事長、自民党副総裁の要職を歴任し、2012年の第46回衆議院議員総選挙では得票数74,946票を得て10選。

2014年の第47回衆議院議員総選挙でも、得票数59,280票を得て11選を果たしました。現在は衆議院議長の要職に就いています。なお、衆議院議長に戦後生まれが就任するのは史上初の快挙です。

キャッチコピーは「建て直す!!創造立国」

大島氏は、HPによれば、政策のキャッチコピーに「建て直す!!創造立国」
を掲げ、具体的な政策としては、

提言1.景気・雇用を伸ばします
提言2.安心・希望の芽を育てます
提言3.ふるさと・地方を元気に
提言4.平和・環境を守ります

をあげています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム2017年 第48回衆議院選挙。青森県第3区選挙区から立候補予定の大島理森(おおしま ただもり)氏の人柄・学歴・経歴は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube