選挙ドットコム

次は蓮舫氏? 民進党(元民主党)の代表たちは“クセがすごいんじゃ”

2016/9/12

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

20160912

15日に代表選を控えている民進党。蓮舫氏と前原誠司氏、そして玉木雄一郎氏の3名による対決となっています。
その前身となった民主党の代表は過去どんな人が歴任してきたのでしょうか?

民主党政権時代に首相(=民主党代表)を経験した鳩山由紀夫氏、菅直人氏、野田佳彦氏は覚えていても、その他の人を挙げてみて!と言われてもなかなかピンと来ないような……。

実は、民主党の代表は過去何度も同じ人が務めています。
本記事では任期を務めた回数のランキング(旧民主党時代も含む) とともに、元代表の特徴や性格・実績をご紹介します。政党の代表を務めるような政治家も、人間味のある人ばかりなんですよ!

 

 

1位 菅直人(7期)

kannnnaoto

(菅直人氏HPより)

任期:1996-97年、1997-98年(以上旧民主党)、1998-99年、2002年-04年、2010年、2010年-11年
特徴:おでこのほくろ(ちょっと右寄り)
性格:顔に似合わず短気で「イラ菅」と称されることもあったが、丸くなったらしい
実績:旧民主党時代の政務担当代表。民主党初期の代表として党を支え、「マニフェスト」選挙を打ち出した本人でもある。民主党政権時には東日本大震災真っ只中に鳩山由紀夫氏からバトンを引き継ぎ、首相を経験。現在は衆議院議員12期。
備考:非世襲の政治家である。

 

 

2位 鳩山由紀夫(5期)

(鳩山由紀夫氏HPより)

(鳩山由紀夫氏HPより)

任期:1996-97年(旧民主党)、1999-2000年、2000年-02年、2002年、2009-10年
特徴:眼力が強く、宇宙人に似ている(キャラクターグッズも発売された)
性格:2ちゃんねらーで愛妻家。落語やクラシック音楽鑑賞等、芸術をたしなむ。
実績:旧民主党時代の党務担当代表。代表就任時に衆院選・参院選でともに議席を伸ばすも、提示した方針が党内の支持を得られず下野。その後党内で大きな力を持った小沢一郎氏とタッグを組み代表に復帰。なんだかんだで民主党初の首相を務める。
備考:政界引退済みで、2013年に「鳩山友紀夫」に改名。Twitter上で「お金持ちすぎてワイロの類が一切効かない」ことが強みであると噂されている。

 

 

3位 岡田克也(3期)

(岡田克也氏HPより)

(岡田克也氏HPより)

任期:2004年、2004-05年、2014-16年
特徴:メガネを外すとかっこよく、外すと可愛い
性格:女子力が高い(好きな食べ物は和菓子、昼食は置き換えダイエット)
実績:代表初就任後の衆院選で大幅に議席を伸ばすも、郵政解散の参院選で敗北し下野。その後代表を務めていた海江田万里氏が国会議員としての議席を失ったことから約10年ぶりに代表に復帰し、民進党初の代表も務める。直近の選挙では民進・共産を軸にした野党連携を進め、参院選では結果を残すも都知事選では敗北。
備考:カエルの置物を収集している。

 

 

3位 小沢一郎(3期)

(小沢一郎氏HPより)

(小沢一郎氏HPより)

任期:2006年、2006-08年、2008-09年
特徴:ぱっちり二重と涙袋
性格:甲状腺がんや心臓病を患ってから健康意識が高くなった
実績:強い求心力を持つ政治家のひとりで、代表就任後の衆院選では大幅に議席を伸ばした。他党出身者から初めて民主党代表となり、唯一3期連続で代表を務めた人物でもある。どんなに結党に関与した政党が解党し続けても支持者がついてくるカリスマ。
備考:現在は離党し、「生活の党と山本太郎となかまたち」の代表を務めている。

 

 

4位 野田佳彦(2期)

(野田佳彦氏HPより)

(野田佳彦氏HPより)

任期:2011-12年、2012年
特徴:外見も中身も庶民的
性格:温厚で真面目(平日は毎朝駅頭演説。スケジュールをホームページに逐一UP)
実績:鳩山由紀夫氏、菅直人氏に続き、東日本大震災対応の真っ只中に首相となった人物。議員定数削減法案可決への協力を自民党に仰ぐことと引き換えに衆議院解散を行い、選挙で惨敗したことから党代表を辞任したが、首相としては最も長い任期を務めたことになる。
備考:趣味は格闘技観戦。

 

 

5位 海江田万里(1期)

(海江田万里氏HPより)

(海江田万里氏HPより)

任期:2012-14年
特徴:高身長(180cm前後!?)の元タレント
性格:答弁中に泣いたことがある等、感情が表に出やすいタイプ?
実績:衆議院議員を6期務めた。小沢一郎氏以来2人目の他党出身者代表。参院選・衆院選を指揮し、衆院選では民主党の議席を伸ばした。しかし衆院選に出馬していた自身が自民党・山田みき氏に敗れ議席を失い、国会議員であることが大前提とされる党代表の資格を失ったため下野。
備考:Facebookページに載せている写真の画質から、ガラケー利用者ではないかと推測される。

 

 

5位 前原誠司(1期)

(前原誠司氏HPより)

(前原誠司氏HPより)

任期:2005-06年
特徴:イケメン
性格:政界きっての鉄ヲタ。鉄道写真も撮る。
実績:若くして民主党代表となり、世代交代を進める・対案を積極的に提出する等の取り組みは一定の評価を受けた。しかし「堀江メール問題」等で民主党の支持率を低下させてしまい、混乱の責任を取って下野。現在は衆議院議員(8期)。
備考:今回の代表選に出馬しており、2期目の代表就任なるか?

 

 

もし蓮舫氏が当選すれば、女性初の代表に!

いかがでしたでしょうか?
歴代の民主党代表経験者は、以上の7名となります。
政治家と言っても庶民的な趣味を持っていたり、首相経験者でも平日は毎朝駅頭で演説をしていたりと、元民主党代表の人間味を感じることができたのではないでしょうか。
民進党代表選への出馬を真っ先に表明した蓮舫氏が当選すれば、民主党時代も含めた初の女性代表になります。今後も民進党の代表選から目が離せませんね。

【お知らせ】選挙ドットコムのサロンでは、選挙や政治の裏側・政治家の本音・分かりやすい時事ネタの解説など、ざっくばらんにお伝えしています。
»オンラインサロンの詳細はこちら「政治・選挙のぶっちゃけサロン 」

item_salon-banner_senkyocom--ptn02_topphoto

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2023年に年間1億PVを突破した国内最大級の政治・選挙ポータルサイト「選挙ドットコム」を運営しています。元地方議員、元選挙プランナー、大手メディアのニュースサイト制作・編集、地方選挙に関する専門紙記者など様々な経験を持つ『選挙好き』な変わった人々が、『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム次は蓮舫氏? 民進党(元民主党)の代表たちは“クセがすごいんじゃ”

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube