選挙ドットコム

川口 信 ブログ

2月定例議会 大規模防災拠点(五條市)の議論について

2024/3/11

こんにちは。

奈良県議会議員【御所市選出】の川口信(かわぐちしん)です。

本日、3/11で東日本大震災から13年の月日が経ちます。

亡くなられた方々に対し謹んで哀悼の意を捧げるとともに、ご遺族の方々にお悔やみを申し上げます。

避難指示区域(帰還困難地域)が解除されていない自治体も多く、避難されている方は約2.9万人(2/1時点、3/1復興庁公表)おられます。
被災された方々や、今も避難生活を余儀なくされている方々に対し、心からお見舞いを申し上げます。

いつ起こるか分からない大災害に備える「防災体制」を整えることが地方議会にも求められていることです。

現在、奈良県では大規模防災拠点(五條市)について議論が行われております。

1/24に公表されました計画見直し案について、1/28にブログ(下記URL)で触れさせていただきました。

https://go2senkyo.com/seijika/185580/posts/846617

先般行われた地元説明会や、2月定例県議会での代表質問、一般質問、委員会での質疑で判明した計画見直し案の現状についてまとめます。

 

<計画見直し案の現状>

・2023年12月上旬に「橿原公苑を中核的防災拠点として整備する」「五條市の県有地については大幅に計画を見直す」ことが決定

(見直し案の概要については、上記ブログURLを参照ください。)

・見直し案に至る県庁内の会議は3回、計55分間のみ

・外部有識者等の意見をヒアリングする機会が設けられないまま、計画見直し案が発表されている

・能登半島地震でメガソーラーの破損事故が発生しているにも関わらず、発災後、見直し案に関して県庁内での議論は行われていない

・橿原公苑については、平成16年に奈良県が示した液状化リスクを加味しないまま、中核的防災拠点として整備すると意思決定されている

・メガソーラー設置のリスクに関する議論がなされていない(火災事故や水害など)

・メガソーラー以外の県有地活用方法について議論がなされていない

・ヘリを活用した可搬型蓄電池の輸送について、これまで実績がなく、災害発災時に有効的なのか、十分検証されていない

・地元住民説明会において、意思決定に関するプロセス、計画見直し案の現状課題について触れられていない

・地元住民説明会では、メガソーラーに対して多くの反対の声が上がった

・山下知事から「見直し案をすすめるにあたり、地元の同意や許認可を必要としない」との見解を表明

・当初の計画において、総事業費の約7割である債緊急減災・防災事業債(国庫支出金)の活用可否について、国と十分な協議ができていない

(1/24知事記者会見での「緊防債の活用について総務省の内諾を得ている」という発言であったが、後に見込みであったという意味の発言であると説明)

・2/5総務省に訪問し、「奈良県と協議を行っていない」と担当者から確認済み(私本人も同席の上、確認)

・メガソーラー以外の拠点整備について、2/20知事記者会見で最大10haで整備すると発表されていたのも関わらず、3/6一般質問時に「最大10haにこだわらない」と軌道修正

・南海トラフ地震を想定した際、各都道府県と見直し案について理解を得られているのか、議事録がないため確認ができない

https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/28810/00410582/R3aki-08.pdf

・令和6年度予算案に見直し案のメガソーラーに関する予算が計上されていない

 

私自身が1/24知事記者会見後に感じた疑問点について、全く答えが見つかっていない現状です。

何より、短期間で意思決定されたプロセス、課題に対するアプローチ、地元に対する説明会での山下知事の発言など、納得いくものではありません。

今後、きちんと議事録を公表し、意思決定までのプロセスを公表するべきです。

何度も申し上げますが、最適な事業案に見直すことに対して異論はありません。

私自身、常に見直し案が最善の計画なのかという視点で、是々非々で議論を行うべきであると考えています。

山下知事は最善の見直し案であるとおっしゃっていますが、本当にそうなのか検証すらできていない現状です。

強引に本見直し案で進めるのではなく、県民の財産と生命を守るための「防災拠点整備」及び紀伊半島防災として適切か、多角的な視点で判断しなければいけません。

私が所属している「自由民主党・無所属の会」では、本案件を含めた見直し案について、議会での役割を果たすため、下記2条例の改正を提出しました。

①奈良県の県行政に関する 基本的な計画等を議会の議決すべき事件として定める条例の一部を改正する条例

https://www.pref.nara.jp/secure/305812/20240306_reiwa05_gi120_youshi.pdf

②奈良県太陽光発電施設の設置及び維持管理等に関する条例の一部を改正する 条例

https://www.pref.nara.jp/secure/305814/20240306_reiwa05_gi121_youshi.pdf

 

2/28に兵庫県内「兵庫県災害対策センター」「三木総合防災公園」を視察を行い、他県での広域防災体制についても会派内で知識を深めております。

県民の皆様から、今こそ議会の役割をしっかり果たしてほしいとたくさんのお声をいただいております。

今後も、その他事業を含めた奈良県政の課題について、活発な議論を行っていきます。

<川口信(かわぐち しん)は以下でも情報発信しております>

ホームページ:https://kawaguchi-shin.com/

Instagram:https://www.instagram.com/shin_k0227/

Facebook:https://www.facebook.com/shin.kawaguchi

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCnyEnBH7UsGcRW82OEk1uTQ

X(Twitter):https://twitter.com/shin_k0227

この記事をシェアする

著者

川口 信

川口 信

選挙 奈良県議会議員選挙 (2023/04/09) [当選] 7,358 票
選挙区

御所市選挙区

肩書 奈良県中小企業連合会 理事
党派・会派 無所属
その他

川口 信さんの最新ブログ

川口 信

カワグチ シン/35歳/男

月別

ホーム政党・政治家川口 信 (カワグチ シン)2月定例議会 大規模防災拠点(五條市)の議論について

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube