選挙ドットコム

田中 紀子 ブログ

前川喜平さんの講演会 300人を超え

2019/6/15


公教育
地方公共団体が行うことは憲法にのっとって行わなければならない。

前川さんの講演は、ここから始まった。
DSC_0343.JPG

一番大事なのは、個人の尊厳に立脚する社会
ひとりひとりの人間がかけがいのないものであり、自分の意思で主体的に。
自分自身にということは、他者にも同じように尊厳があるこを知る。
他者を認めるということは、異質な他者も考える。
多様性の中で、ともに生きる
障害があるなしにかかわらず、
インクルージング教育、また、いろいろな国の文化を抱えているひとたちとともに生きる
多文化共生
つまり、
人間らしく生きること、ひとりひとりの暮らしを犠牲にしておこなうものはない。
具体的に比較するのに、戦前は、どうだったか、前川さんは語った。

市民が手をつないで社会をつくる
社会とは、まず人がいて国がある。
逆転して国が先と思っている人がいる。


「国家の権威に従属させるような教育」に対局するのが、「個人の尊厳の教育」
憲法 第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。 

憲法13条は、包括的人権規定とも言われている。…

国会議員の選挙の前に共通一次をすべき。憲法のテストをしてほしい。
すると、会場からは笑いと拍手が。

以前の自民党は、いろいろな意見を言い合うことができた。でも、
今の自民党は、昔の自民党と違う。
あべ党 カルト教団 あべ教団になりかけている。
人事権も官邸が牛耳り、いいなりになる人ばかりが生き残れるようになってしまい、若い職員は疲弊している。

個人の尊厳により差別はない、
憲法第14条
1 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。


障害
職業の違い
性的志向 まちまちでいいんだ
ジェンダーアイデンティティ
多数であるか少数かは、差別する理由にはならない
同性婚をみとめる。未婚、既婚、こども嫡子か嫡子でないか 差別もありえない。
国民主権、基本的人権、

国が暴走すると、ひとりひとりの尊厳を踏みにじる。
これをとめるのは、国民が主権をもたなければならない。
国民が憲法をつくって、国がまもるもの。

憲法を守るのはだれですか。

(はんどうたいき)楾 大樹さんの「檻の中のライオン」という 本がわかりやすいですよ。
0842.gif

ライオン 国家権力  檻が憲法
憲法に縛られた国家権力
自民党の改憲案の緊急事態条項は、
おりの中のライオンに、中から開ける鍵をわたすようなものだ。
過去に前例がある。
憲法の無力化 ヒットラーがワイマール憲法を無力にした。

もっとわかりやすい本もある。
小学生 向け おりとライオン
ダウンロード.jpg

教育をうける権利に 国籍に関係ない
自民党の憲法は、人権は、国が与えるものとしている。
人権はもともとあるものだというのが、今の憲法。

戦争は、人間の尊厳を踏みにじる
ベトナム戦争は1965年から始まった。自分の人生で考えると、
小学生から大学生まで 戦争
おろかなこと。
日本人は戦争で310万人なくなったが、その何倍もの人をアジアで2000万人もころしてしまった。

核兵器は、戦うものどうしで使う兵器ではない。戦っていない人たちの命や暮らしも奪っている。

学ぶということは、基本的人権のひとつ。
人間が人間らしくいきるための最低限のもの

人間以外の動物は学ばないでも、大人になれる。人間は学ぶ時期がないと、大人として生きていけない。

学習権について話します。
憲法26条
1.すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
2.すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う。義務教育は、これを無償とする。


第1項 教育の機会均等
第2項 教育は無償
憲法を変えるなら、ここを変えたいと前川さんは語る。
「すべて国民は」という部分は、 国民と国民でないものをわけている。
「すべて国民は」を「すべてひとは」 と書き直したほうがいい。

「ひとしく」 とは、どいういことか。
教育基本法 第4条
すべて国民は、ひとしく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によって、教育上差別されない。
2 国及び地方公共団体は、障害のある者が、その障害の状態に応じ、十分な教育を受けられるよう、教育上必要な支援を講じなければならない。
3 国及び地方公共団体は、能力があるにもかかわらず、経済的理由によって修学が困難な者に対して、奨学の措置を講じなければならない。


教育基本法は、憲法14条の具現化だった。
憲法にはなくて、教育基本法には書いてあるもの、「経済的地位」

無償化は、財源があればいいが、今のやり方はどうか。
すでに幼稚園でも保育園でも苦しいひとは、保育料の全額免除はすでにおこなっている。
待機児童の解消がなくては、無償化しても保育園には、はいれない。

保育士の処遇改善、1クラスの人数を少なくする。
余裕をもち、保育をし、研修の時間がとれるように。

高等教育の無償化は、ほんのひとにぎりの施策だ。
その支援の仕方に問題があり、高校でてから二年以内と決められている。
行ける大学が限定されている。
人的投資 リターンがなければ。と.
奨学金は、学習権の保障で 国のGDPをあげるためではない。

新三本の矢を覚えてますか。希望出生率 1.8と
安倍総理は、四年前に言っていた。
そのあと、下がってる。

憲法26条 第2項 義務教育という言葉が不登校のこどもをくるしませている。
戦前の教育は、お国のために学ぶ、天皇のために役に立つ人間に。
今の義務教育とは、保護者である国民がこどもに対しておっている義務
前川さんの憲法改正案
憲法には、「保護者」の義務ではなく、「国」の義務として書き直すべきではないか。
国は、すべての人に無償の普通教育を受ける機会を保障する義務を負う。
と書き直したい。


自民党の憲法 第3項は、かかなくてもいい。なぜか。
教育の環境整備の部分だが、よけいな文言がついている。
「国の未来を切り拓くうえで重要な」 あぶない言葉
国の発展のために、役に立つ人に金を出すということだから。

個人から出発ではなく、国家から出発するから。
すべての人がもれなく学べることができる条件をつくることが重要。

夜間中学のことについて話します。
1947年に新生義務教育として始まった。
子とも達が生計のために労働していて学べなかった。

1955年 全国で89校もあった。のちに20校 学校にいけない学齢期の子どもは少なくなった。
当時の総務省、夜間中学をやめろといった。

夜間中学 学齢を超過した中高年がふえた。
在日女性のコリアンがふえた。在日というこで、差別、女性ということで差別、 二重差別により、教育の機会が奪われていた。
1969に天王寺中学 東京や大阪で新な夜間中学ができてきた
コリアンは識字教育(話せていも書けないので、書けるように)
韓国や中国から引き上げてきたひとは、日本語教育から
(日本語が離せないから話せるようになってから、学習)
外国人 、入管法
外国人労働者を受け入れるが、移民でないというが、社会の中で暮らしていくわけで、受け入れなければならない。

日本語を学ぶ機会 日本語を無償で学ぶ機会は、公の責務
それを夜間中学 が担っている。

夜間中学は日本語学校ではない。各教科を学ぶ前のもの
公立夜間中学は、無償であり、貴重なもの。

全国に各都道府県にすくなくとも一箇所夜間中学を。

政令都市以外、県立でつくるといい。
徳島県 は、定時制につくるという。
学校が人権を尊重する場でなければならない。

こどもたちは、学ぶ権利の主体ではないとおもっている教師がおおい。

人権が補償される場でなければ、ならない。
指導死…学校において教師の指導により肉体的、精神的に追い詰められた生徒が自殺に追い込まれること
政治による教育への介入が 教育基本法改定に行われるようになってしまった。

教育基本法の改定
道徳の教科化 教科書が問題 憲法から導き出せないものばかり書かれている。
学習指導要領 日本人として自覚を持て とは、憲法にあわない。

1/2成人式の授業は、やめたほうがいい。 感謝したくない親もいるかもしれないのに、無理に親に感謝させたりするから。親のいない子はどうしたらいいか。虐待されている子どもはどうしたらいいのか。

教科となった道徳の紹介
「星野くんの二塁打」
少年野球 ランナーがいて、あと一点でさよなら勝ち 大事な試合の大事なチャンス
送りバント を監督は指示
それは、「自分は犠牲にして勝つ」方法

星野君は、自分に自信があった。二塁打で得点がはいって、勝ったが、
納得のいかないことがあった。
自己犠牲ができない、ルールをまもれない星野君は、監督から次の試合の出場禁止を言われた。
これは、
目上のいうことは、自分で判断してはならない。自分で判断したら、ペナルティがある。
ということを教えさせる危ない教材。

礼儀正しい挨拶 小学校二年生
おはようございます のお辞儀のしかたをどれが正しいかという話。
お辞儀をしてから「おはようございます。」
お辞儀をしながら「おはようございます。」
「おはようございます。」といってからお辞儀。
どれでもいいでしょ。
こどもたちを型にはめる教育。

こうして第一部の講演、少々時間をオーバーして終わる。
第二部は、会場からの質問カードを回収42枚あった。
その中から選んで読みあげ、前川さんから答えてもらった。
司会をさせてもらったが、時計とにらめっこしながらも、
「先生は、お話し好きたということがわかりました。あと10分ほどで終わらなくちゃならないのですが、質問が4つあります。ご協力ください」と言ったら、会場からも笑いが。
前川さんの協力もあり、ぴったり時間通りに終わりました。
土砂降りの雨の中、300人以上も集まってくださり、ありがとうございましたー。
DSC_0345.JPG

この記事をシェアする

田中 紀子さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家田中 紀子 (タナカ ノリコ)前川喜平さんの講演会 300人を超え

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube