選挙ドットコム

田中 紀子 ブログ

クレジットカードで消費税増税分のポイント還元は 税の再分配にならない

2018/11/11


ニュースが耳にはいった。
消費税10%になっても、クレジットカードで支払えば、
増税分の2%はクレジットカードのポイントで還元を検討。
まだ、検討していたのか。すっかり、この方法は却下だろうと思っていた。
まだ、気づかないのか。使えるひとは、限られてるって。
いや、わざとだろうか。

安倍総理に質問したいことがある。(というか、国会で聞いてほしい)
消費税増税分は、なぜ、還元しようとするのか。

きっと、増税の負担軽減という回答だろう。
あえてきく。
どんな人の負担軽減をしたいと考えているのか。
これは、どう答えるのだろう。
さらにききたい。
クレジットカードを持っている人はどのくらいと推定しているのか。
これも、答えてくれないだろうな。

クレジットカードは、どんな人がつくれないのか、調べてみた。

クレジットカードが作れないのはなぜ?
理由1:利用実績に疑いがある
理由2:クレジットカードを作ったことがなく、信用情報がない
理由3:他社のクレジットカードでの借入額やローン残高が多い
理由4:クレジットカードを発行する基準を満たしていない
    年収、年齢、勤続年数、居住年数、勤務先、雇用形態などだ。
年収に関しては「アルバイトで年収200万円、現在の会社で働き始めて2ヵ月目」といったようにほかの属性が弱いと、返済能力が低いとされてクレジットカードが作れなくなる可能性が高まる。
生活保護受給者は、クレジットカードをつくれない。以前作ってたカードもつかえない。
生活保護受給者でも使えるのは、デビッドカード。しかし、
 銀行口座を開設しないと作れない
 口座に残高が残っていないと使えない
 すぐに引き落とされる
デビッドカードも、年会費とかATM手数料などあって、現金が得な場合もあるようだ。

高齢者はどうだろう。こんな記事もあった。
高齢者の方がクレジットカードを利用する場合の注意
振込詐欺、電子ギフト券詐欺、
高齢者自身が管理するのに不安があれば家族カードがおすすめというが、これは、
クレジットカードを申し込んだ本会員が、高齢者の分も支払うので、明細を把握できるというが、
どうなんだろう。
子どもも家族カードならクレジットカードを持てるという。
このカードは、家の収入がどのくらいで、いくらまで使えるかが、家族で合意がなければ、実際には、難しいだろう。
いろいろ書いたけれど、
消費税増税分を、負担軽減したい人たちには、クレジットカードのしくみを使えない。
ますます、システム整備にお金が投資されるのではないか。
なんのために、消費税を上げようとしたのか。
社会保障だったのでは?
クレジットカードで消費税増税分のポイント還元は 税の再分配にならない。

この記事をシェアする

田中 紀子さんの最新ブログ

ホーム政党・政治家田中 紀子 (タナカ ノリコ)クレジットカードで消費税増税分のポイント還元は 税の再分配にならない

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube