選挙ドットコム

大町市長選挙は新人と現職の一騎打ち!6月26日投票 長野県

2022/6/25

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

6月19日に告示された大町市長選挙には、新人の鈴木良三(すずき・りょうぞう)氏(66)、現職の牛越徹(うしこし・とおる)氏(71)の無所属2名が立候補しました。投開票は6月26日に行われます。

今回は牛越市政の是非、新型コロナウイルスの影響を受ける経済の立て直し策調、人口減少対策、大町市・松本市・新潟県糸魚川市を結ぶ「松本糸魚川連絡道路」の建設などが争点と考えられます。

観光振興で地域を活性化、Wi-Fi環境整備や企業誘致で元気な大町を 鈴木氏

鈴木氏は大町市生まれ、法政大学経済学部卒業。事務用品商事会社、日本食品分析センターを経て、現在は東京都世田谷区用賀に在住し、パソコンスクールや行政書士事務所を経営。また大町市内に所有する田んぼで田んぼ仕事に従事しています。

鈴木氏は以下の政策を掲げました。

起業や子育ての支援で、市民が大切にされる持続可能なまちづくりを 牛越氏

牛越氏は大町市生まれ、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。長野県に入庁し、県企画局情報政策課長、生活環境部生活文化課長、土木部監理課長、財政改革担当参事財政改革チームリーダー、上伊那地方事務所長等を歴任しました。2006年の大町市長選挙に初当選。今回は5期目を目指しての立候補となります。

牛越氏は以下の政策を掲げました。


大町市長選挙 6月26日投票 候補者情報はこちら>>

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

簡単政治ネット献金
採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム大町市長選挙は新人と現職の一騎打ち!6月26日投票 長野県

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube