選挙ドットコム

創価学会員が語る「公明党に1番厳しいのは創価学会」独占インタビュー

2022/3/17

ひがし みすず

ひがし みすず

こんにちは、自称日本一意識低い政治ライターのひがしです。
突然ですが、本記事では公明党の支持母体である宗教団体・創価学会にぶっこみたいと思います。実際には身近な存在でありながらも、特定の宗教を信仰していない人から見ると「なんだか少し触れづらいな……」と感じる存在だったりしないでしょうか。
今回は筆者の友人であるガチ創価学会員3世に公明党について赤裸々に語っていただくことに成功しました。政治×宗教という2大タブーについて、当事者の声を聞いてみましょう。

~ガチ創価学会3世・Y子~
30代女性。母は創価学園出身、自身も創価大学出身。
座談会などにも出席する。選挙は行くようにしている。

思考停止で公明党を応援している人だけじゃない

ひがしみすず(以下、ひがし):
単刀直入に聞くね。創価学会の人たちはみんな公明党を応援しているの?

ガチ創価学会3世・Y子(以下、Y子):
「創価学会員だから無条件で公明党を応援する」っていうのは今はあんまりないんじゃないかな。
というのも、公明党がどういう政党か疑わずに、知らずに応援する人は学会の精神と離れていると思うんだよね。知らないものはおすすめできないでしょ?
確かに、最初はお願いされて公明党に投票していたこともあったよ。でもそれはきっかけであって、今は政治について考えた結果公明党に投票してる。
ただ、私は公明党の党員でもないし、公明党の政策が自分と合わないなと思ったら投票しないよ。
思考停止で公明党を応援するというのは、少なくとも私の世代ではないね。

ひがし:
そんなもんなの!?

Y子:
そんなもんだよ(笑)!公明党への投票も全然強制じゃない。
学会員の人にチラシをもらったりすることはあるけど、投票所で待ち構えられるとかの行為はない。それに「投票に行ったか」と聞かれることはあっても「公明党の○○さんに入れたか」と聞かれることはないよ。
創価学会は会員の母数が多いから、公明党との絡みの濃さもすごく人それぞれなんだと思う。

ひがし:
地区ごとに「あなたは○○さんに入れてね」って票割りしてるのかと思ってた。

Y子:
私は言われたことないかな。
公明党の人がいないときに自民党の○○さんよろしくって言われることはあるけどね。

「民衆のため、平和のため」の政治をしているか監視している

ひがし:
最初はお願いされたのがきっかけで投票してたけど、今は自分の意思だと言ってたよね。
Y子は公明党のどんなところが良いと思うの?

Y子:
今はもう「創価学会員として公明党を応援している」という意識はないんだ。
自分が創価学会員として思想が深まっていくなかで「民衆のため、平和のため」というキーワードが自分の中で具体的になってきて、公明党とスタンスが似ていたという感じかな。

ひがし:
具体的に、どんなところが公明党と自分の考えが合っていると思う?

Y子:
自民党にツッコミを入れられるところ。個人的には、自民・公明が連立をし続けるのであれば公明党には自民党にツッコミを入れる存在であってほしい。自民党が強い存在だっていうのはわかっているから、その中での立ち回りを期待してる。
私の世代はリアルタイムに過去の会長の話を聞けていたわけではないけど、創価学会の教えとして「政治を監視する」というのは第2代会長の頃から言われていたんだよ(筆者注:池田大作氏は第3代会長)。公明党の名前を使って悪いことをするやつがいたらいけないからね。
そこらへんの考えについては「ニンカク」に書いてあるんだけど。

ひがし:
ニンカク?

Y子:
あ、『人間革命』のことね。学会精神を説いた小説で、普通に読み物としても面白いんだよ〜、これ。

池田大作先生の『新・人間革命』5巻と6巻を持ってきてくれた

ひがし:
「ニンカク」って略すんだ……なんて書いてあるの?

Y子:
「この世から”悲惨”の二字をなくしたい」(by 第2代会長)とか。
創価学会は戦争反対、核兵器反対っていうのをとても強調しているんだ。
だから核兵器禁止条約を日本は批准しないって聞いたときは「公明党何やってんだ」って思ったよ!いろんな事情があるんだろうけど。
他にも政策に賛成できなかったとき、メールフォームからメールを送ったこともある。

気になる政教分離と公明党・創価学会について

ひがし:
公明党と創価学会というと、政教分離の話題になるよね。政教分離は政治が宗教を強要してはいけないという話で、政党の支持母体が宗教団体というのはOKなんだよね?

【参考】政教一致論について | なぜ政治に関わるの? | Q&A for youth | 創価学会青年部サイト SOKA YOUTH

Y子:
うん、政教分離の面はその認識で大丈夫だよ。
むしろ、公明党の前身団体のときから政治と宗教にある程度距離があった方がいいという考えがあったんだよね。

ひがし:
わざと創価学会と公明党の前身団体との間に距離を作ったということ?

Y子:
そう。ニンカクに結構現実的なことが書いてある。

公明党に1番厳しいのは創価学会

ひがし:
思考停止で公明党を応援しているわけでもない(特に若い世代)、政治を監視している、そもそも政治と宗教の間に距離があるほうが良いと思っていた……創価学会って、結構ドライなんだね。

Y子:
ドライだし、普通だよ。公明党のルーツが創価学会にあるからこそ、創価学会員は公明党に1番厳しい目を持っていると思う。
民衆のために、平和のために公明党が動いていなかったら、おかしいんじゃないの?って言う創価学会員はたくさんいると思うな。

ひがし:
貴重すぎるお話ありがとう。とても勉強になりました!

「我こそは政党の支持者」という方を探しています!

今回は公明党の支持母体である創価学会員の友人にインタビューを行いました。
他にも「我こそは○○党の支持者だ!」という方がいらっしゃいましたら、TwitterでDMをいただければと思います。ぜひお話をお聞かせください!
>>ひがしみすずTwitter

この記事をシェアする

ひがし みすず

ひがし みすず

自称日本一意識低い政治ライター。日本女子大学理学部卒業後、ベンチャー企業を経て2016年フリーライターとして独立。選挙ドットコムの素人代表の一人として意識低い記事を量産している。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム創価学会員が語る「公明党に1番厳しいのは創価学会」独占インタビュー

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube