選挙ドットコム

激戦!東京都北区都議補選の候補たちにテーマカラー戦略を聞いてみた!

2020/7/4

伊藤 文

伊藤 文

選挙区はまさに百花繚乱

 こんにちは!選挙ドットコムライターの伊藤文です。世間はさぞかし東京都知事選挙で盛り上がっていることとは思いますが(伊藤も史上最多の22人立候補にとても驚いております)東京都北区では、音喜多駿氏が東京都議会議員を辞職(北区長選に立候補・落選→参院東京選挙区で立候補・当選)したことにより、都知事選と同じ投票日で、あわせて都議会議員の補欠選挙が行われます。

音喜多議員の抜けた1枠に、立候補したのはなんと5人の女性。北区議経験者が2人、今話題の日本維新の党の新人が1人、前回の都議選で旋風を巻き起こした都民ファーストの新人が1人、そしてホリエモン新党から1人…とまさかの全員女性候補。彼女らがまさに『百花繚乱』『色とりどり』のバトルを繰り広げています。
東京都北区に在住の皆様はもとより、選挙区外の皆様にも是非この熱き戦いを知っていただきたく、今回カラー別に各候補をご紹介させていただきます。

山田候補:イエロー

 まずご紹介するのは自民党のやまだ加奈子候補。黄色のジャケットが眩しいです!
テーマカラーの黄色はご本人の好きなひまわりをイメージしたそうです。

黄色のジャケットってどこで売っているんですか?との質問には、自由が丘のお店にありますよ、とのこと。
なかなか手に入らないカラーだと思いますが、3着持っているそうです。
陣営の皆様も黄色のTシャツやベストを身につけています。

今回の選挙に合わせて黄色のマスクも支援者の方に作ってもらったそうです。
イエローの元気なイメージが伝われば、とのお話でした。

斉藤候補:ホワイト

「筆談ホステス」として有名な斉藤りえ元北区議(立憲民主党)。
政治家に転向されてからは、白いスーツ姿をよくお見かけします。その理由をご本人に聞いてみました。

「白はもともと好きな色で、どんな困難な出来事にもしなやかに対応していけるように、との想いもこめて、今回の都議選も白で臨みます。」
とのことです。

白いジャケットは3〜4枚お持ちで、自宅で丸洗いできるものを選んでいるそうです。
白はやはり汚れやすいので、ファンデーションのつきやすい襟元や袖口など汚れやすい部分はスプレータイプの洗剤をつけて優しく泡だてて、手洗いで汚してから丸洗いすると、きれいに仕上がることが多い、とのことです。
何て丁寧な…今まで伊藤が取材してきた中でも断トツの清潔感を感じる候補です!

佐藤候補:オレンジ

日本維新の会、あたらしい党の公認候補である佐藤こと候補。あたらしい党のテーマカラーを引き継ぎ、「オレンジをテーマカラーにする!!」とご自身で判断されたそうです。
事務所にはオレンジのポロシャツがなんと86枚もあり、ボランティアさんに毎日貸し出しをしているそうです。

日に日に増えていくオレンジ色のボランティアさんに埋没してしまうため、現在の佐藤候補ご本人は白いポロシャツにオレンジの文字のタスキ姿で、選挙活動に臨まれています。

また佐藤候補の現在の髪型はすっきりとしたショートボブですが、実はそれまでは超!ロングヘアの持ち主だったそうです。
もともと興味のあったヘアードネーションをしたくて、立候補を機に断髪されたそうです。

天風候補:グリーン

 取材にあたりまず一番に透き通った素敵なお声…!
そして背が高い天風いぶき候補(都民ファーストの会)。
さすがは宝塚は宙組男役出身とあって長身の持ち主です。

天風いぶき候補は他ならぬ小池百合子都知事の秘書を務めた人、今回の選挙でのファッション戦略について聞いたところ、
小池都知事の、そして都民ファーストのグリーンを踏襲して緑をテーマカラーにされたのことですが、
やはり緑のジャケットは買うのが大変で、何とかインターネットで入手されたとのこと。

スタッフさん、ボランティアさんが着ていられる緑のポロシャツは、3年前に当選された都民ファーストの会の先輩都議の方々から集まってきたものだそうです。
都民ファーストの会の一致団結を感じます。

新藤候補:ピンク

 斬新すぎます!ホリエモン新党のゆづか姫ことしんどうかな候補。こんな選挙ポスターは見たことありません。なんと「例のマスク」でブラジャーを使ったそうです!

普段からスカート派とのことですが、ワンピース姿の街宣も新鮮です。
(めくれてしまう可能性があるため、ひらひらしたスカートでの選挙運動はさける候補者が多いです。)

そんな新藤候補はなんと女子学院出身、早稲田大学法学部卒業の才媛でもあります。
ご本人もおっしゃってますが、学歴は確かにものすごく政治家っぽいです。
型破りな選挙スタイルに注目です。

いかがでしたか?
もともと東京都北区は、都議会議員選挙の激戦区であり、
落選確実と言われた候補がトップ当選を決めたかと思えば、都議に落選した候補が衆議員に比例復活するなど
非常にドラマティックな選挙区なのですが
今回もそのドラマティックな展開に、目が離せません!

この記事をシェアする

伊藤 文

伊藤 文

選挙ウォッチャー人妻。1987年生まれ、愛知県名古屋市出身。東京都在住。慶應義塾大学経済学部卒。「選挙は箱推しよりも単推し」をモットーに、候補者の人物本位な選挙ウォッチ活動を続けています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム激戦!東京都北区都議補選の候補たちにテーマカラー戦略を聞いてみた!

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube