選挙ドットコム

山梨県知事選立候補者|現職 後藤斎(ごとう ひとし)氏の経歴・政策は?

2019/1/23

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

任期満了に伴う山梨県知事選(1月10日告示、1月27日投開票)に現職の後藤斎(ごとう・ひとし)氏(61)が立候補しています。
後藤氏は立憲民主・国民民主の2党からの推薦を受け、無所属で立候補しています。

なお、山梨県知事選には他に新人の花田仁(はなだ・ひとし)氏(57)が(共産党推薦)、元参院議員の米長晴信(よねなが・はるのぶ)氏(53)、元衆院議員の長崎幸太郎(ながさき・こうたろう)氏(50)が(自民・公明推薦)立候補しています。

【関連記事】2019年最初の注目選挙、山梨県知事選|激戦が予想される選挙の構図は…?

山梨県出身の後藤氏。農水省、衆議院議員4期を経て、山梨県知事選で再選を目指す


後藤斎氏は1957年7月22日、山梨県甲府市の生まれで現在61歳です。東北大学経済学部を卒業後、1980年に農林水産省に入省。JETRO日本貿易振興会ニューヨーク農水産部長、農林水産省食糧庁輸入課長補佐を歴任し、2000年の第42回衆議院議員選挙では、旧民主党公認候補として立候補し初当選します。以来、4回の当選を重ねています。
2009年には文部科学大臣政務官、2011年には内閣府副大臣に就任。2015年の山梨県知事選では無所属で立候補し、初当選を果たしました。

後藤氏の立候補の抱負

後藤氏は山梨県知事選の立候補に際し、高齢化・人口減少、リニア中央新幹線の整備、
産業構造の変化などの政策課題に向け、1期4年の実績を次につなげたいと述べています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム山梨県知事選立候補者|現職 後藤斎(ごとう ひとし)氏の経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube