選挙ドットコム

安倍総理や橋下市長のツイート頻出語を比較!国会議員のホームページやブログ・SNSの利用状況などを分析した日経データディスカバリー

2015/10/19

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

日本経済新聞社のインフォグラフィックコンテンツ データディスカバリー(日経:Visual Data 〜データや映像で体感)、2015年10月19日の特集「ネットは政治を動かすか〜発信・反応・・・日本のいま」に、選挙ドットコムが収集した全国会議員のデータを提供し、その分析などに協力いたしました。

01

提供したデータは選挙ドットコムが持つ、衆議院(6月に死去した自民党・町村信孝氏を除く474人)、参議院(242人)の全議員の公式ホームページ(HP)、ブログ、フェイスブック(FB)、ツイッター(TW)開設状況のデータ。それを日経データディスカバリーの分析チームが組み合わせ、別に集計しグラフィック化しました。

※ データは、10月9日付で繰り上げ当選した衆院・椎木保氏(維新)を除き9月末時点。
半数以上が、4つのツール(ホームページ、ブログ、FB、TW)を解説しています。

代表的なSNSツールである、FacebookとTwitterを比較するとFacebookの方が利用者が多く、Twitterは6割どまり。日経の調査によれば「各国首脳らがツイッターで多くの関心を集めているのに比べ、日本の国会議員の活用は出遅れ気味だ。(10月19日付の日本経済新聞朝刊参照)」との事。

02

Twitter開設は6割どまり。

解説だけ!という議員も存在しており、Twitterは25%が冬眠状態(選挙時だけの更新)。

03

注目度の高い、安倍首相と橋下市長の全ツイートを収集しキーワードの種類や頻度を分析、ワードクラウドで表現しています。

04

自民・民主・維新から熱心にブログを活用している7氏をピックアップし、良く使われているキーワードの分析では、それぞれの特徴が目立つ。野田聖子氏は「ムスコ」が最も目立ち、小泉進次郎氏は「皆さん」「地元」「横須賀」など。

05

政党別に集計したデータでは、議席数の多い自民党のツイート数が多い反面、RTなどは共産党が高い反応を見せています。

06

これらのほかにも、東京都選挙管理委員会のネット選挙に関する調査データや東京大学の橋元良明教授(コミュニケーション論)が首都圏で実施したサンプル調査もあり、充実のコンテンツとなっています。

ページの最後には、Twitterを利用している全国会議員のツイート分析も検索できるようになっており、気になる議員のTwitterの利用特徴が見えてきます。是非ご覧ください。

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム安倍総理や橋下市長のツイート頻出語を比較!国会議員のホームページやブログ・SNSの利用状況などを分析した日経データディスカバリー

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube