選挙ドットコム

岩屋たけし メッセージ

前回の選挙(2021年)の際のプロモーションビデオです。

岩屋 たけし

イワヤ タケシ/66歳/男

岩屋 たけし

立て直す。 政治を変え、日本を変える

選挙 第49回衆議院議員選挙 (2021/10/31)
選挙区

大分3区 102,807 票 [当選]

比例 九州ブロック 自由民主党

肩書 衆議院議員・自由民主党大分県第三選挙区支部長
党派 自由民主党
その他
サイト

「岩屋 たけし」をご支援いただける方は、是非個人献金をお願い申し上げます。
みなさまの役に立てるよう、日々の活動に大切に活用させていただきます。
※選挙ドットコム会員登録(無料)が必要です。

献金ボタン 寄付して応援する

岩屋たけし 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

故郷、別府の北浜ヨットハーバーで。

故郷、別府の北浜ヨットハーバーで。

私の癒しは「カノンちゃん」とのひと時です。

私の癒しは「カノンちゃん」とのひと時です。

久々に母校を同級生と訪問。

久々に母校を同級生と訪問。

岩屋たけし プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1957年08月24日
年齢 66歳
星座 おとめ座
出身地 大分県別府市生まれです。

略歴

  • 昭和32年8月24日生。
    別府市立青山小学校・青山中学校を経て鹿児島ラ・サール高校入学。スポーツ、生徒会活動に汗を流す。早稲田大学政経学部政治学科卒業後、代議士秘書として政治の基礎を学ぶ。

    昭和62年 大分県議会議員初当選(29歳)
    平成2年 旧大分2区より衆議院議員初当選(32歳)
    平成5年・平成8年の選挙では落選
    平成12年 衆議院大分3区より当選し再起を果たす
    平成13年1月〜5月 防衛庁長官政務官を務める。
    平成15年 第43回総選挙当選(3期目)
    平成14年1月〜平成16年10月 自民党副幹事長
    平成17年9月 第44回総選挙当選(4期目)
    平成17年3月〜12月 自民党大分県連会長
    平成17年9月〜平成18年8月 自民党政務調査会副会長
    平成18年9月〜平成19年8月 外務副大臣
    平成19年9月 自民党国会対策副委員長就任
    平成20年9月 衆議院文部科学委員長就任
    平成21年8月 第45回総選挙当選(5期目)
    平成21年10月 自民党大分県連会長就任
    平成22年9月 自民党シャドウキャビネット防衛大臣に就任
    平成22年9月〜平成23年7月 自民党国防部会長
    平成24年10月 自民党安全保障調査会会長、自民党総務副会長
    平成24年12月 第46回総選挙当選(6期目)
    平成26年12月 第47回総選挙当選(7期目)
    平成29年10月 第48回総選挙当選(8期目)
    平成30年10月〜令和元年9月 第4次安倍改造内閣にて防衛大臣
    令和3年10月 第49回総選挙当選(9期目)

    〇衆議院
    ・情報監視審査会 会長
    ・予算委員会 委員
    ・憲法審査会 委員

    ○党本部
    ・治安・テロ調査会 会長
    ・選挙制度調査会 会長代行
    ・観光立国調査会 会長代理
    ・安全保障調査会 顧問
    ・党紀委員会 委員
    ・国際局 局長代理

    ○議連
    ・自由民主党 観光産業振興議連 会長 (R6/1/18)
    ・安全で安心な国民生活を実現する議連 会長(R4/1/27)
    ・選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議連 会長代行(R3/3/25)
    ・最低賃金一元化推進議連 幹事長(R3/12/17)
    ・全国温泉振興議連 幹事長(H30/3/1)
    ・超党派・動物福祉(アニマルウェルフェア)を考える議員連盟 会長(R5/4/25)

    ※令和6年(2024年)2月1日に志公会を退会

岩屋たけし 政策・メッセージ

住民の皆様へのメッセージ

世界をパンデミックが襲い、思いもしなかった侵略戦争が勃発し、気候変動が幾多の災害をもたらしています。その中で、急激な物価高が人々の生活を圧迫し、人口減少、少子化が国や地方の将来を脅かしています。

地球規模の課題も山積しています。今こそ世界は「対立」するのではなく、力を合わせていかねばなりません。架け橋の役割を果たしていくことで、世界の平和と安全に貢献していくことが日本の果たすべき役割であると思います。
 
厳しい安全保障環境の中で抑止力は向上させなければなりません。しかし、その上で、「対決」ではなく「協調」を、「分断」ではなく「融和」を実現していくために、最大限の外交努力を重ねていくべきです。

そして、老いも若きも、男性も女性も、障がいのある人もない人も、外国人や性的マイノリティーの人たちも、お互いが尊重し合い、協力し合える社会を作ることで、人口減少が続く中にあっても活力を維持していくことができます。多様性を包摂する寛容な社会が再び日本に活力をもたらすと信じます。

自民党は、今回の不祥事を深刻に反省し、党の体質を根本に改め、信頼の回復をはかっていかなければなりません。

今こそ、選挙制度の再改革を含む「抜本的な政治改革」が必要です。私はこの改革の先頭に立ち、全身全霊を尽くしていく決意です。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家岩屋たけし (イワヤタケシ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube