選挙ドットコム

田中 ゆうたろう ブログ

質の下がった保育施設出身児への教育的配慮について。

2020/10/11

質の下がった保育施設出身児への教育的配慮について。

10月6日の決算特別委員会での私の質疑、ご確認頂ければと思います。
http://suginami.gijiroku.com/voices/g07_Video2_View.asp?SrchID=6718
私の出番は1:40:40~1:58:30です。

6日、保育所保育指針の一文を読み上げるよう、私から区に求めたところ、区の幹部職員は誰一人として同指針を持ち合わせていなかったばかりか、「『保育実践方針』は持ち合わせていない」と答えた件。
「保育所保育指針」と「保育実践方針」を混同していたのか尋ねると、子ども家庭部長は「保育施設支援担当課長が聞き間違えた」と答えました。
しかし、この部長は、その場に同席していたはず。部下の答弁に誤りがあれば、その場で、または後からでも、自ら修正するのが上司の務めではないでしょうか。
私が確認しなければ、このまましゃあしゃあと打ち過ごすつもりでいたのでしょう。

保育の質について問うことは前日までに区に伝えてあったわけで、せめて保育所保育指針くらいはこの場に持参するよう求め、「そういうことがないようにしていきたい」との同部長の答弁も得ました。
そもそも、保育関連部局の幹部職員が同指針を携帯するなど、当たり前の話ではありませんか。六法全書を持ち合わせない弁護士のようなもので、実に低次元な議論です。

平成28年度、杉並区では保育緊急事態宣言がなされ、翌29年度から、保育施設の乱造が本格的に始まりました。その中には園庭のない保育園も多数含まれますが、区はこれまで「公園が園庭の代わりになる」などと大真面目に信じて来ました。
公園には害虫も発生します。実際、今秋は例年よりも多くのチャドクガが、区内公園のサザンカに発生しています。サザンカを区の花とし、各公園に多く植えている杉並区。公園が園庭がわりになるはずがありません。
それに、公園は喫煙者にとっても憩いの場です。公園における喫煙について賛否両論あることは承知していますが、喫煙が法で認められている以上、その権利を安易に奪うことはできません。この点でも、公園が園庭がわりになり得ないことは明らかです。

この29年度に年少だった子供達が今年4月、小学校に入学。今年度以降、保育所保育指針を十分に遵守していない可能性もある保育施設の子供達の小学校入学が続くことになります。
こうした子供達を小学校でフォローできるか尋ねたところ、教育委員会(済美教育センター統括指導主事)は「様々な入学前の状況を持った子供達が入学してくるので、教員は子供達の様子をしっかり見て授業を組み立て指導する」と答弁。
その一方、子ども家庭部長は「基本的に保育の質の確保に努め、まさに保育所指針(発言ママ)に基づく保育をやって頂くように区内保育施設に実施しているので、指針に基づいて保育されていないお子さんが入ってくるかのような委員の断定は異なる」などと、よく分からない答弁を発しました。
保育所保育指針を持ち合わせてもおらず、保育実践方針と聞き間違えた部下の答弁を正しもせず、この部長はいったい何を言っているのでしょうか?第一、私は断定などしていません。

無計画で拙速な区の保育施策が災いし、出身園に園庭がなかったり狭かったりしたために、外でのびのび遊んだり、自然に親しんだりする体験の乏しかった子供達。
そうした子供達にもしっかりと教育的配慮が行き渡るよう、区教委への働きかけに全力で努めていきます。

この記事をシェアする

著者

田中 ゆうたろう

田中 ゆうたろう

選挙 杉並区議会議員選挙 (2019/04/14) [当選] 2,720.918 票
選挙区

杉並区議会議員選挙

肩書・その他 杉並区議会議員
党派・会派 無所属

田中 ゆうたろうさんの最新ブログ

ホーム政党・政治家田中 ゆうたろう (タナカ ユウタロウ)質の下がった保育施設出身児への教育的配慮について。

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube