選挙ドットコム

みやこし よしひと ブログ

一人称と呼称、わたし、妻

2023/4/22

わたしの一人称は”わたし”です。記憶があいまいですが、ここ数年で公私ともにあらゆる場面での一人称を”わたし”に統一しました。それまでは、わたしは仕事で目上や同僚に対して、ぼくは仕事で学生と話すときや私的でカジュアルな場面で使っていました。

2012年に環境NGOの理事・有給スタッフとして、ボランティアと接することになったときに、一人称を”ぼく”、”おれ”を封印したような気もします。

いつからか、じぶんが自分のことを何と呼ぶかによって、そのときの相手に向き合う姿勢やマインドセットまでが影響を受けるのではないかと考えるようになり、これからの人生は”わたし”で過ごしていくことにしました。

じぶんのパートナーを何と呼ぶでしょうか?
わたしの場合、パートナーが近くにいなくて、会話の中で言う場合は「妻」。
人前で呼ぶときは「〇〇さん」と下の名前にさん付けです。なんだか、呼び捨てをすると乱暴な感じがしてイヤなのです。

では他人のパートナーは?
パートナーさん、お連れ合い、妻さん、夫さん、と言うようにしています。
嫁さん、奥さん、ご主人はぜったいに使いません。
ヨメさん、とカジュアルに使われる方もいて、あまりイヤな感じもしませんが。。。

言葉は大事です。じぶんがそう思っていなくても、言葉を使い続けることで、思考が規定されていきます。その言葉がどういう使われ方をしてきたのか、その言葉でイヤな気持ちになる人はいないのか、逆に明るい気持ちにする言葉は何なのか。

わたしが考える栄養をたくさんもらったラジオ番組を紹介します。

TBSラジオ『新時代のコトバ会議』出演:武田砂鉄/ジェーン・スー/サンキュータツオ/飯間浩明(2021年1月1日22:00~23:55放送)
公式ではありませんが、いくつか書き起こしがあります。飯間浩明さん森喜朗さんの女性「差別」発言のときのTwitterも偏見・蔑視・差別を考えるうえで、何度も読み返したいものです、こちらも。

誰にも聞かれなかったですが、選挙期間中ずっとダブルクリップでタスキを止めていました。止めるのはわたしで写真を撮ったのが妻。

この記事をシェアする

著者

みやこし よしひと

みやこし よしひと

選挙 墨田区議会議員選挙 (2023/04/23) 645 票
選挙区

墨田区議会議員選挙

肩書 新人 元団体職員、ボランティアコーディネーター
党派・会派 無所属
その他

みやこし よしひとさんの最新ブログ

みやこし よしひと

ミヤコシ ヨシヒト/45歳/

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube