選挙ドットコム

高知県知事選挙に立候補。浜田 省司(はまだ・せいじ)氏の経歴・政策まとめ

2023/11/15

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

任期満了に伴う高知県知事選挙が11月9日告示、11月26日投開票の日程で実施されています。今回の高知県知事選挙には届け出順に、自民党と公明党が推薦する現職の浜田省司(はまだ・せいじ)氏(60)、新人の中島康治(なかじま・やすはる)氏(45)、共産党が推薦する新人の米田稔(よねだ・みのる)氏(71)、新人の山下陽一(やました・よういち)氏(75)の無所属4名が立候補しました。本記事では無所属現職の浜田省司氏についてご紹介します。

高知県知事選挙に立候補。中島 康治(なかじま・やすはる)氏の経歴・政策まとめ
高知県知事選挙に立候補。米田 稔(よねだ・みのる)氏の経歴・政策まとめ
高知県知事選挙に立候補。山下 陽一(やました・よういち)氏の経歴・政策まとめ

高知県四万十市生まれ、東京大学卒業。大阪府副知事等を歴任し、2019年の高知県知事選挙で初当選

浜田氏は1963年高知県四万十市生まれ、東京大学法学部卒業。自治省(現 総務省)に入省し、外務省在サンフランシスコ日本国総領事館(副領事・領事)、福岡県消防防災課長・財政課長、島根県総務部長、総務省消防庁予防課長、総務省自治税務局都道府県税課長、総務省自治税務局企画課長、総務省大臣官房参事官、内閣府大臣官房審議官、大阪府副知事、総務省大臣官房総括審議官(マイナンバー情報連携、政策企画)を歴任しました。2019年の高知県知事選挙で初当選、今回は2期目を目指しての立候補となります。

浜田氏が掲げる政策とは

浜田氏は自らのホームページにおいて以下の施策を公表しています。

1.いきいきと仕事ができる高知
一人当たり県民所得(現在47都道府県中41位)を概ね10年後までに全国の中位まで上昇させます。
・飛躍への起爆剤、関西圏との経済連携を本格化 ・地産外商とイノベーションを強化し、県産業をさらに高付加価値化
・高知の強みと溢れる魅力を最大限活用、農林水産業と観光を振興

2.高知の強みと溢れる魅力を最大限活用、農林水産業と観光を振興
県内の若年人口について、4~5年後までに減少傾向に歯止めをかけ、概ね10年後には現在の水準(R4若年人口:約179,000人)まで回復を目指します。
・女性が活躍できる環境整備を目指し、新たな若年人口増加対策の展開
・中山間対策と少子化対策に一体的に取り組み、地域を再興、次世代に引き継ぎ
・健康で地域の力で支え合う社会を目指し、高知型地域共生社会を実現
・確かな学力・健やかな体・豊かな心で未来の希望に、子どもの育成・人づくり ・心豊かで胸躍らせる社会を実現、文化芸術・スポーツを振興

3.安全・安心な高知
南海トラフ地震における想定死者数(現在約8,800人)について、ゼロを目指して防災・減災対策を進めます。
・災害に強い強靱な県土づくりをさらに加速
・想定死者数0へ挑戦、南海トラフ地震対策の深化


高知県知事選挙 11月26日投票 立候補者一覧はこちら>>

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

採用情報

ホーム記事・コラム高知県知事選挙に立候補。浜田 省司(はまだ・せいじ)氏の経歴・政策まとめ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube