選挙ドットコム

高知県知事選挙に立候補。米田 稔(よねだ・みのる)氏の経歴・政策まとめ

2023/11/15

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

任期満了に伴う高知県知事選挙が11月9日告示、11月26日投開票の日程で実施されています。今回の高知県知事選挙には届け出順に、自民党と公明党が推薦する現職の浜田省司(はまだ・せいじ)氏(60)、新人の中島康治(なかじま・やすはる)氏(45)、共産党が推薦する新人の米田稔(よねだ・みのる)氏(71)、新人の山下陽一(やました・よういち)氏(75)の無所属4名が立候補しました。本記事では無所属新人の米田稔氏についてご紹介します。

高知県知事選挙に立候補。浜田 省司(はまだ・せいじ)氏の経歴・政策まとめ
高知県知事選挙に立候補。中島 康治(なかじま・やすはる)氏の経歴・政策まとめ
高知県知事選挙に立候補。山下 陽一(やました・よういち)氏の経歴・政策まとめ

兵庫県市川町生まれ、高知大学卒業。高知市議を2期、高知県議を7期務める

米田氏は1952年兵庫県市川町生まれ、高知大学教育学部卒業。高知医療生協に勤務し、1979年から日本共産党の専従、党県議団事務局長等を務めました。1991年から高知市議会議員を2期、1998年から高知県議会議員を7期25年務めました。今年4月に引退し、現在は共産党高知県委員を務めています。

米田氏が掲げる政策とは

米田氏は以下の施策を公表しています。

1 ケアに手厚く
ケア労働者の処遇改善、介護負担料など負担軽減

2 一次産業・業者支援
地消地産で食料自給率アップ、中小零細支援で賃金底上げ

3 主権者育てる教育
県版学力テスト廃止、教員の過重労働解消

4 再エネ・省エネ推進
住宅・事業所など断熱化、再エネ自家消費促進

◎ジェンダー平等と多様性、県民参加の促進
○パートナーシップ条例
○「県民参加型予算枠」新設
○高知の空港・港は平和利用を
○地震、水害から命守る防災


高知県知事選挙 11月26日投票 立候補者一覧はこちら>>

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム高知県知事選挙に立候補。米田 稔(よねだ・みのる)氏の経歴・政策まとめ

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube