選挙ドットコム

福岡市長選挙は現職と新人2名の争い!11月20日投票 福岡県

2022/11/19

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

11月6日に告示された福岡市長選挙には、現職の高島宗一郎(たかしま・そういちろう)氏(48)、新人の熊丸英治(くままる・えいじ)氏(53)、立憲民主・国民民主・社民の3党が推薦する新人の田中慎介(たなか・しんすけ)氏(44)の無所属3名が立候補しました。投開票は11月20日に行われます。

今回は高島市政の是非、都心部の再開発構想「天神ビッグバン」などによるまちづくり、子育て政策などが争点と考えられます。

市民とともに、一緒に福岡の未来へ種をまきたい 高島氏

高島氏は大分県大分市出身、獨協大学法学部卒業。KBC九州朝日放送キャスター等を経て、2010年福岡市長選挙に初当選、以降3期連続当選しました。今回は4期目を目指しての立候補となります。

高島氏は以下の政策を掲げました。

福岡市を日本中から羨まれる街にしたい 熊丸氏

熊丸氏は福岡県久留米市出身、早稲田大学専門学校卒業。会社員、派遣社員、個人事業主を経験。2019年の久留米市議会議員選挙、2021年の衆議院議員選挙、2022年の参議院議員選挙等に挑戦しました。

熊丸氏は以下の政策を掲げました。

市民とともに福岡の新時代を 変えたい、つくりたい 田中氏

田中氏は福岡市出身、九州大学法学部卒業、早稲田大学大学院修了。アクセンチュア株式会社を経て、2007年の福岡市議会議員選挙に初当選。以降4期連続当選しました。

田中氏は以下の政策を掲げました。


福岡県福岡市長選挙 11月20日投票 立候補者一覧はこちら>>

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

簡単政治ネット献金
採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム福岡市長選挙は現職と新人2名の争い!11月20日投票 福岡県

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube