選挙ドットコム

社会民主党「護憲の老舗(しにせ)は、イクメン増やしにパパ・クオータ導入訴え」など|参院選2019 政党の公約・政策集を読む

2019/7/14

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

第25回参議院議員通常選挙(以下、参院選)。消費税増税、憲法改正、年金などが主要な争点とされ、いよいよ終盤戦に突入しようとしています。各政党は、各々の特徴ある政策を公約として掲げていますが、中には話題にならず日の当たらないものも。選挙ドットコム編集部は各政党の公約を読む、そんなきっかけを作ってもらうためにも、いくつかオリジナリティある政策にスポットを当ててご紹介いたします!

社民党のWebサイト、公約集は 2019年参議院選挙 公約 更に公約詳細としてホームページに掲載。

公約集の一番上にあるのは「ソーシャルビジョン 3つの柱」

①社会を底上げする経済政策に転換します②「平和と平等の共生社会」をつくります③脱原発で、「持続可能な地域社会」をつくります と記しています。「護憲の老舗(しにせ)」として、憲法理念の実現を図っていく、という決意の中、現政権は生存権を保障した憲法25条ひとつを取っても全く守られていない、としています。

育児休暇の一定期間を父親に割り当てる制度

その中で、選挙ドットコム編集部が選ぶ特徴ある公約は「育児休業にパパ・クオータ(父親に育児休暇取得を割り当てる)制度導入」です。1993年にノルウェーが最初に導入しスウェーデンなど北欧で広がりを見せた制度で、育児休暇の一定期間を父親に割り当てる制度です。ノルウェーの制度では賃金の全額保障で44週間、8割保障で54週間の育児休暇のうち、6週間は男性だけが取得可能なパパ・クオータとなっており、男性が育児休暇を取らなければその権利が消滅します。これにより、ノルウェーの男性育児休暇取得率は約4%から約90%までアップしました。日本でも3年前に厚生労働省が導入の検討に入りましたが、労使が折り合わずに見送られた経緯があります。

Twitterで社民党の政策に言及するツイートを探していると、以下のようなツイートが見つかりました。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2023年に年間1億PVを突破した国内最大級の政治・選挙ポータルサイト「選挙ドットコム」を運営しています。元地方議員、元選挙プランナー、大手メディアのニュースサイト制作・編集、地方選挙に関する専門紙記者など様々な経験を持つ『選挙好き』な変わった人々が、『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム社会民主党「護憲の老舗(しにせ)は、イクメン増やしにパパ・クオータ導入訴え」など|参院選2019 政党の公約・政策集を読む

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube