選挙ドットコム

広瀬すずも登場!中高生が250人集まったイベント「18歳からの選挙権 SCHOOL OF LOCK!」の潜入レポート!(1/2)

2016/4/21

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

広瀬すずも登場!中高生が250人集まったイベント「18歳からの選挙権 SCHOOL OF LOCK!」の潜入レポート!

4月17日、品川THE GRAND HALLにて総務省主催PRイベント「18歳からの選挙権~投票編~ supported by SCHOOL OF LOCK!」が開催されました。

TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送中の『SCHOOL OF LOCK!』は、10代の若者をメインターゲット層とした人気ラジオ番組。
彼らと総務省、「若者と政治をつなぐ」NPO法人YouthCreateがタッグを組み、今夏の参議院選挙から適用される選挙権年齢の引き下げ、”18歳選挙権”について話し合うシンポジウムをこれまでに全国9ヶ所で行ってきました。

記念すべき10回目はこれまでのシンポジウムの振り返りを交えながら、「投票」にフォーカスしたクイズや模擬選挙が行われました。
18歳選挙権解禁で、若者の政治参加に応援している選挙ドットコム編集部もこのイベントに潜入してみることに……。

18歳選挙権~投票編~

登壇者はSCHOOL OF LOCK!のパーソナリティであるとーやま校長(右)・あしざわ教頭(左)、NPO法人YouthCreate代表・原田謙介さん(中左)。
そして総務省「18歳からの選挙権」のイメージキャラクターであり、ラジオ内コーナー『GIRLS LOCKS!』第2週目を担当する女優・広瀬すずさんもゲストで登場(中右)!客席からは大歓声が上がっていました。

この18歳選挙権イベントは告知が短期間であったにもかかわらず、たくさんのご応募があったそうです。6月に18歳の誕生日を迎える広瀬すずさんと同年代の高校生を中心に、『SCHOOL OF LOCK!』のリスナー約250名が参加しました。

 

1時間目:復習 政治・選挙ってなに?

1時間目は、これまでのイベントでも講義をしていた「政治って何?」「選挙って何?」を、イラスト付きのスライドを見ながら復習。

 

政治って何?

(1) …社会をよくする動き
(2) …身近なことにも関わっている
(3) …主役は君!
政治は常日頃国民が感じていることを実現することができるものという説明がありました。
国政だけではなく、ごく身近な問題、例えば学校での教育内容や子育ての補助なども政治で解決できるものだったりするんだよ、というお話でした。

 

選挙って何?

(1) …自分たちの代表を選ぶ大事な機会
(2) …誰の意見を基に未来をつくるかを決める
(3) …社会について勉強する良い機会
あなたが選挙に参加しないと、望んでいない方向に未来が進む確率が高くなるという話でした。自分たちの代表を選ぶのに、不参加だと進む未来が他人に決められてしまいます。
また、選挙に参加して思い通りにならなかったとしても、相手の意見を尊重することが大切だということを振り返りました。

選挙権年齢の引き下げが行われたのは、少子高齢化により高齢者の数が多くなり、少ない若者の意見を反映させることが必要になったから。これを活かすには「どんな街に暮らしたいか?」などといった想像力を大事にしていくことが必要です。……と、とーやま校長が締めくくりました。

 

2時間目:小テスト 選挙にまつわる○×クイズ

選挙にまつわる○×クイズです。
来場者の皆さんに、正解だと思う方に手を上げてもらいます。正解発表は広瀬すずさんが担当!

 

第1問……誰に投票するか、友達と相談することができる。

18歳選挙権~第1問~

正解は、○です!
自分だけでは分からないこともあるので、友達と相談したり、情報共有を行ったりすることは全く問題ないですよ、と解説されました。
ただし、最終的に誰に投票するかは必ず自分の意思で決めましょう!

 

第2問……選挙に行く時は、送られてきた入場券を持っていかなければならない。

18歳選挙権~第2問~

正解は、×です!
入場券を持っているほうが、投票はスムーズに進みます。
でもつい忘れちゃった……そんな時は、手ぶらで投票所にいっても投票できます!
今夏の参議院選挙からは18歳の誕生日を迎えた高校生も投票できるようになります。もし入場券を忘れても生徒証・学生証があれば安心ですし、それも忘れた!という場合は手ぶらでも投票はできます。投票所で忘れちゃった旨を伝えて、係の人の指示にしたがってくださいね。

 

第3問……投票できる年齢になっていないため、気になる立候補者の選挙運動に関連するツイートをリツイートすることはできない。

18歳選挙権~第3問~

正解は、○です!
この質問のポイントは「選挙運動に」というところ。もちろん普段であればRTをしても構いませんし、いいね!をしても構いません。選挙運動とは公示・告示日から選挙期日の前日までしか行なえないので、選挙の公示・告示がされた後に、立候補者の政治運動を助けるような行為はできません(18歳以上ならOK)選挙時と通常時で制限が出てくるのは政治活動の難しいところですね。

 

3時間目:模擬選挙

10回目を迎えたこのシンポジウムでは毎回模擬選挙を行っています。でも、10回目は一味違いました!実際の俳優・女優が登壇し、YouthCreateの考えた4人の国政選挙候補者になりきって、1人2分ほどの演説をしてくれました。
従来の資料だけを見て投票する模擬選挙よりもリアリティがあり、自然と力も入ります。

4人の政治家は以下のタイプ。

・ステレオタイプのTHE 政治家な候補者
→男性。25年の議員経験を売りにしている。演説は非常に安定しておりミスもなく、慣れている様子が見受けられるが、たくさんのことを短い時間で話していた。他の候補者に比べると少々演説の意味が取りづらい。

・若者世代に年の近い、フランクな候補者
→若い男性。途中で詰まってしまうくらいフランクな、くだけた言葉遣い。ダイナミックな政策を軽い口調で述べるので驚いたが、伝えたい政策は大きく1つであったので非常に分かりやすかった。

・現在話題の子育て問題に触れている候補者
→女性。子育てで自らも悩んだエピソードについて冒頭で触れ、女性層への共感を促している。話し方はタメをうまく使ってやさしい。目先の子育て問題のみならず、子供が大人になる世代のことまで考えて演説をしていた。

・女優出身のタレント議員≒政治の場以外で輝いていた経験がある候補者
→女性。生い立ち、導入の部分の時間を多めにとっていた。政治を勉強中もしくは理解度の低い有権者をターゲットとしているのか、「皆様と同じ目線で」といった意のことを数回口にした。

投票箱

登壇者のメディア撮影の後、来場者は模擬演説の内容と配布された資料を見比べて、良いと思った候補者に投票。
実際に投票所で使われている道具を使って行いました。

開票はこの後行われた公開録音で実施されたので、公開録音に参加できない取材陣は誰が当選したのかは知れませんでした…。
一体この模擬選挙でどの議員が当選されたのでしょうか?

気になる方は『SCHOOL OF LOCK!』を聞いてみましょう!
※熊本県の震災の関係で、OA日は未定となっております。

 

登壇者、原田謙介さんに独占インタビュー

<参考>
<NPO法人YouthCreate>
Webサイト:http://youth-create.jp/
Twitter:https://twitter.com/youthcreate_pr

 

 

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム広瀬すずも登場!中高生が250人集まったイベント「18歳からの選挙権 SCHOOL OF LOCK!」の潜入レポート!(1/2)

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube