選挙ドットコム

【町田市長選】新人 河辺康太郎(かわべ こうたろう)氏の学歴・経歴・政策は?

2018/2/22

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

2月18日告示、同月25日投開票の町田市長選に新人の河辺康太郎氏(38)が立候補しました。なお、同市長選には現職の石阪丈一氏(70)、新人の木原信義氏(68)も立候補しています。

町田市生まれ、中央大学卒業。2006年から3期連続で市議選に当選

kwabae

河辺氏は1979年3月25日東京都町田市生まれ。都立小川高等学校、中央大学経済学部国際経済学科を卒業しました。2006年に町田市議選に初当選を果たし、続く2010年および2014年にも連続当選しています。

河辺氏の基本政策「笑顔のたくさんあるほうへ」

河辺氏は、自身のホームページにて以下の政策を公表しています。

1.誰もが健康に暮らせる町田へ!
医療・介護・スポーツ・日々の活動の充実で、長く健康に生活できる町田をつくる。

2.子どもが元気よく育つ町田へ!
教育環境の充実で子どもも大人も未来に希望が持てる町田を。

3.誰もが働きがいのある町田へ!
少子化・高齢化社会に伴う問題点を解決する視座を持ちながら、地域の仕事や暮らし、生活を守っていく。

4.「農と緑と住」の町田へ!
国営公園化も視野に入れ、町田の財産である北部丘陵の広大な土地を「農と緑と住」の一大自然保護区域へ。

5.民間企業と協業する町田へ!
行政だけではなく民間企業の社会参加、社会貢献の場を用意し、課題を解決する。

町田市に対する思いをTwitterやHPで発信

河辺氏の公式Twitterでは、以下の投稿が繰り返し見られます。

「私には夢があります・10年後や20年後、町田で暮らす人びとが町田というまちを誇りに思うこと。これまでの発想にとらわれずに、笑顔がたくさんあるほうへ。町田市民43万人すべての夢を見捨てません。今だ、町田」

またホームページでは、「政党や組織のしがらみのない無所属だからこそ、市民の声に耳を傾ける市政に」「3人の子どもを町田で育てながら親の介護を考える世代だからこそ、市民と同じ目線に立った市政に」「町田に生まれ育ち、市議を12年務めた恩返しのために笑顔の増える町田に」と記されています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【町田市長選】新人 河辺康太郎(かわべ こうたろう)氏の学歴・経歴・政策は?

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube