選挙ドットコム

14,875選挙・285,139の候補者情報、日本最大級の選挙・政治家情報サイト

ファミレスおごったら議員が全員辞職したって話、知ってる?



Actin
Actin

現在、富山市議会では政務活動費の不正問題で定数40のうち12人が辞職しています。このように議会で多数の辞職者が出る事件は珍しいものの、過去には議員の大半が逮捕や書類送検されたことがきっかけで多数の辞職者が出た事例があります。今回は最近10年ほどに起きたこのような事例を2例紹介します。
【関連】絵画・家族旅行だけじゃない。ライザップやネットゲームに課金する政治家まで  >>
【関連】自治体議員報酬ランキング!最も高いのは横浜市。市区だけで年間総額1,443億円  >>

20160524main

 

 

議員の3/4が逮捕された平川市議会


2014年1月に行われた青森県の平川市長選では現職の大川喜代治氏と新人の長尾忠行氏の間で激しい争いとなり、長尾氏が勝利しました。この選挙では大川氏陣営が平川市議会議員に票のとりまとめを依頼するために20-100万円の現金を選挙前に渡しました。この時、長尾氏を支援する議員にも現金を渡したため、この議員から警察に情報が入り、選挙違反が発覚し、2月から7月までの間に市議会議員20人中15人が逮捕されました。

この一連の逮捕により、平川市議会は常任委員会だけではなく本会議の開催が不可能になるという異常事態に発展し、逮捕された15人中7人が辞職、1人が失職し、7月27日に8議席分の補欠選挙が行われました。この選挙では前回の市議会選や市長選の投票率が約70%なのに対し、今回は39.87%と激減しているだけではなく、前回の市議会選や市長選では約1%しかなかった無効票が今回の補欠選挙では約4%も出たことが注目されました。

また、この補欠選挙が終わっても、議会には裁判中の議員が7人いる状況にありました。
公職選挙法第110条の4では市町村議会は定数の1/6を超える欠員が出た場合には50日以内に補欠選挙を実施しなくてはならないと規定されており、これら7人の議員の動向次第では再度補欠選挙が行われる危険性がありました。さらには2015年7月に任期満了による市議会選が予定されていたため、1年間に3回選挙を行う可能性が生じ、このような事態になった場合、市の財政負担に懸念を示す声もありました。しかし、任期満了に伴う市議会選までに事件絡みで2人、病気理由で1人の計3人の辞職者にとどまり、定数の1/6を超える4人に達しなかったため、1年間に選挙を3回行うという事態は回避されました。

 

 

議員が全員辞職した小菅村議会


2007年1月に行われた山梨県知事選では現職の山本栄彦氏や新人の横内正明氏など計4人が立候補し、横内氏が当選しました。
この県知事選において、山梨県に属する小菅村では村議会議員10人全てが現職の山本氏を応援していましたが、村議会議長を始めとする議員3人がファミリーレストランで議員5人を含めた村民に1人当たり2000円相当の食事などでもてなして投票依頼をしたことが2月に発覚し、議員10人中8人が書類送検されました。

このため、議長などに一時連絡が付かなくなり、3月に予定されていた村議会の開催時期が決まらない状態に陥りました。そして、村長は万が一村議が大量に失職して議会が開催できなくなる事態を恐れ、例年より前倒しで議会を招集し、3月1日に村議会が行われました。
3月1日の議会は通常通り審議が始まりました。しかし、昼の休憩の間に非公開の全員協議会が行われ、山本氏を全議員が支持していたことから、連帯責任ということで書類送検されていない議員も含めて全議員が辞職する意向が決定しました。そして、審議が再開された直後に全議員が「一身上の都合」を理由に辞職願を提出、全員の辞職が了承され、小菅村議会は議員数が0という異常事態に発展しました。

小菅村議会では4月22日に任期満了に伴う選挙が予定されていましたが、この選挙が統一地方選であったため、選挙を行う場合は統一地方選と合わせることを規定した臨時特例により、すぐ選挙を実施する事が出来ず、約2か月間にわたり議員数が0となる異常事態が続きました。

小菅村では地区ごとに候補者を擁立する慣例があり、特殊な事情が無い限り、無投票で終わることが多い傾向がありました(1963年以降、2003年までの10回の村議会選で選挙戦になったのは3回)。しかし、この議員全員辞職事件を受けた後の2007年4月22日の村議会選ではこの慣例を破り、女性が立候補しました。小菅村によると村議会選に女性が立候補したのは初でした。そして、この女性候補は当選し、初の女性村議会議員が誕生するという波乱も起きています。

次ページ:どうなる? 話題の不正 富山市議


Actin

Actin

参議院選挙には立候補できる年齢。個性あふれる候補者が多数出た1999年の東京都知事選に衝撃を受けてインディーズ候補(いわゆる泡沫候補)にはまる。インディーズ候補以外にもちょっと 変わった選挙・政治ネタに興味あり。

Twitter : https://twitter.com/Actin_ium

Webサイト : http://actin.hatenablog.com/

記事一覧を見る
  • Facebook
  • Twitter
  • Google

選挙ドットコムでは”選挙をオモシロク”を合言葉に、より多くの選挙報道・政治家情報を集めています。あなたも選挙ドットコムのサポーターになって協力してくれませんか?

Copyright © 2016 選挙ドットコム All Rights Reserved.