選挙ドットコム

木村よしお メッセージ

議員歴30年。木村よしおは高齢者の方から子どもまで行き届いた政治に向けて、厚生労働を軸に小さな声に寄り添い、ボトムアップの格差是正・崩れた医療体制の再構築・国力の強化に向けて即戦力で戦ってまいります。

木村 よしお

キムラ ヨシオ/74歳/男

木村 よしお

厚生労働を軸に小さな声に寄り添い即戦力で戦っていく。

選挙 第26回参議院議員選挙 (2022/07/10)
選挙区 比例代表
肩書 元厚生労働副大臣
党派 自由民主党
その他
サイト

木村よしお 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

現場の声を大切にしております。

現場の声を大切にしております。

SNS情報

木村よしお プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1948年04月17日
年齢 74歳
星座 おひつじ座
出身地 香川県さぬき市
好きな食べ物 コロッケ・シュークリーム 
好きな本、漫画、雑誌 三国志

略歴

  • 平成7 年 自民党副幹事長
    平成14年 厚生労働副大臣
    平成18年 衆議院災害対策特別委員会委員長

ご意見をお聞かせください

木村よしお 活動実績

・夜間子ども医療電話相談 #8000
平成16 年度より国庫補助事業として開始、今では全国47都道府県で利用され令和元年度は約112万件の相談を受けています。

・認定こども園の整備と財政確立
待機児童・保育の不安解消を目指して、認定こども園の法整備と財政確立を実現しました。現在も名誉会長として尽力しています。

・PFI制度を初めて日本に導入
民間の資金で橋や道路などの公共事業を国や地方公共団体に代わって行うことができる制度

木村よしお 政策・メッセージ

政策メッセージ

◼️ベーシックインカムの実現による国力の強化
社会情勢の不安定な世の中でベーシックインカムの実現によって、国内の消費を促し経済を循環させ国力の強化をして参ります。私の専門分野である社会保障の中で日本にある生活保護制度は低所得者を対象としたベーシックインカム制度とも言えます。
この生活保護制度の補足率(※1)は2割程度(受給者数は200万人)と言われており、潜在的な対象者は1000万人程度あると言われております。この生活保護制度の抜本的な改革によって補足率を高めていき、高齢者から子供までセーフティネットをさらに広げ、30年のデフレ対策として、国民へ国が投資をしていくことで日本の消費を促し、経済の循環を起こすことで国力の強化をしてまいります。
ベーシックインカムの実現によって高齢者の方から子どもまで行き届いた政治を行って参ります。
※1補給率…制度の対象となる人の中で、実際にその制度から受給している人の割合)


◼️0歳児から2歳児までの幼児教育無償化
日本の経済において少子化は大きな課題です。暮らしにおいては核家族化や一億総活躍社会など働き方の多様化によって子育てをする家庭の経済負担・心理負担が少子化を加速しております。
そこでこの課題に対して現在3歳児〜5歳児の幼児教育の無償化と同様に0~2歳児の幼児教育量の無償化(※2)を進めて参ります。
この幼児教育の無償化は少子化対策のみでなく、例えば出産後に育児という選択肢だけでなく、子育てをしながら職場復帰や新しいチャレンジができたり時代にあった働き方の選択肢を増やして参ります。
※2…現在は住民税非課税世帯のみ0~2歳児の幼児教育は無償)


◼️民間病院と国立病院の役割の明確による最大限の感染症対策の実現
新型コロナウィルスによって、今まで何か不調があった際に、当たり前にアクセスできた病院が感染症によって病院にかかれないという問題が発生しました。
このように医療体制が崩れることは本来守れた命を助けることができないという状況に陥ります。このような不測な事態が発生しても病院が対応できるように民間病院と国立病院の役割を明確にし、日本の医療体制の整備をしてフリーアクセス確保して参ります。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家木村よしお (キムラヨシオ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube