選挙ドットコム

おかだ 直樹

オカダ ナオキ/60歳/男

おかだ 直樹

「日本を守る!石川を守る!」

選挙 第26回参議院議員選挙 (2022/07/10)
選挙区

石川選挙区 - 票

肩書 参議院自由民主党国会対策委員長
党派 自由民主党
その他
サイト

おかだ直樹 最新活動情報

SNS情報

おかだ直樹 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1962年06月09日
年齢 60歳
星座 ふたご座
出身地 石川県金沢市
好きな本、漫画、雑誌 司馬遼太郎「坂の上の雲」

略歴

  • 昭和37年金沢市生まれ、金沢大学付属高等学校、東京大学を経て、北國新聞社に入社。政治部記者、論説委員等を歴任。平成14年石川県議会議員補欠選挙に当選。平成16年参議院議員通常選挙に初当選(以降当選3回)。平成20年国土交通大臣政務官。平成23年参議院国土交通委員長。平成27年財務副大臣。令和元年内閣官房副長官(安倍内閣/菅内閣)。現在、参議院自民党国会対策委員長。

政治家を志したきっかけ

新聞記者として北朝鮮に渡って拉致問題を取材したこと
がきっかけで自分の手で被害者を助けたいと思うようになり、政治家を志しました。

おかだ直樹 政策・メッセージ

住民の皆様へのメッセージ

親愛なる石川県民の皆さま!

お陰様で今日まで参議院当選3回18年間を務めさせて頂きました。深く感謝申し上げます。
 とりわけ最近3年間は真に激動の日々でした。安倍、菅内閣の官房副長官として新型コロナウィルス感染症や相次ぐ自然災害と苦闘しながら、首相官邸で劇務に耐えた2年余り。それは愛する日本とふるさと石川の人々を守るために考え抜き、行動した日々でもありました。皆様のご協力を得てワクチン接種を進め、困難の中で東京五輪・パラリンピックが開催されたことを誇りに思っています。
 多くの外国首脳と会った中で、訪日したウクライナのゼレンスキー大統領の言葉が鮮明によみがえります。「日本とわが国はロシアの東西の隣国であり、違うのは間に海が有るか無いかだけです」。その海、わが石川が面する日本海には相次いで北朝鮮のミサイルが撃ち込まれ、好漁場の大和堆も中朝に脅かされています。対岸のロシア、中国、北朝鮮などに備え、国民の安全を守る外交力と防衛力の充実が必要です。
 岸田政権のもと参議院自民党国会対策委員長の任にある私は、ウクライナ侵攻と同日に始まった参議院の予算審議を迅速・円満に完了させ、医薬品・医療機器法や経済安保推進法、こども家庭庁設置法など国民の暮らしを支える重要法案の成立にも努めています。
 苦闘の体験を活かして前進、「日本を守る!石川を守る!」の気概で夏の戦いを乗り越え、力の限り働きます。よろしくお願い申し上げます。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家おかだ直樹 (オカダナオキ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube