選挙ドットコム

西田まこと メッセージ

公明党 参議院議員 『西田まこと』の紹介動画

『日本再生へ、確かな実力』
コロナ禍で打撃を受けた日本の再生に向け、ブレずに政治を前に進めていく「確かな実力」が今、求められています。ポストコロナ社会も見据え、誰もが幸せを実感できる埼玉、日本をつくるため、全力を尽くします。

西田 まこと

ニシダ マコト/59歳/男

西田 まこと

日本再生へ、確かな実力

選挙 第26回参議院議員選挙 (2022/07/10)
選挙区

埼玉選挙区 - 票

肩書 公明党参議院会長、党税制調査会会長、同埼玉県本部代表
党派 公明党
その他
サイト

西田まこと 最新活動情報

ブログ

Youtube

SNS情報

西田まこと プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1962年08月27日
年齢 59歳
星座 おとめ座
出身地 東京都田無市(現・西東京市)生まれ
好きな本、漫画、雑誌 『夜と霧』『代表的日本人』

略歴

  • 昭和37年 8月 東京都田無市(現・西東京市)生まれ
    昭和56年 3月 慶應義塾高校 卒業
    昭和56年 4月 慶應義塾大学 経済学部 入学
    昭和57年 8月 中国・北京語言大学へ留学
    昭和61年 3月 慶應義塾大学 経済学部 卒
    昭和61年 4月 (株)東洋経済新報社に入社
    平成8年 『週刊 東洋経済』副編集長
    平成15年 7月 公明党青年局次長
    平成16年 7月 参議院選挙 埼玉選挙区で初当選
    平成17年 党国際局次長(1月)、党労働局次長(12月)
    平成18年 党団体局長(5月)、党副幹事長、党NPO局次長(10月)
    平成19年 党宣伝局長(2月)、党中央規律委員(6月)、党広報局長(9月)
    平成20年 党中央幹事、党関東方面協議会副議長(9月)
    平成22年 7月 参議院選挙 埼玉選挙区で2期目の当選
    平成24年 10月 公明党参議院国会対策委員長
    平成25年 8月 公明党参議院幹事長
    平成28年 7月 参議院選挙 埼玉選挙区で3期目の当選

政治家を志したきっかけ

ジャーナリスト生活を通して痛感したのが「真面目に働く人が報われる社会にしたい」との思いでした。
日本経済の分岐点である21世紀に、論じるだけでなく、自ら実行すべきだ、と思い立ち、参議院議員選挙への立候補を決意。

西田まこと 活動実績

1.政府・与党を動かし政策実現
党参院会長、同税制調査会長の要職を務め、連立政権のかじ取り役を担う。政府・自民党と粘り強く交渉を重ね、飲食料品の消費税率を8%に据え置く軽減税率の導入を実現。 当選無効議員の歳費返納を義務化する法改正にも道筋をつけた。参院議員の歳費を自主返納(毎月7.7万円)する法律など8本の議員立法制度も主導。

2.中小企業支援に全力
町工場を営む父の苦労を見て育ち、中小・小規模事業者の心が分かる政治家。経済ジャーナリストとして17年間、健筆を振った経験を生かし、支援策に全力を挙げる。国会で下請けいじめの実態を取り上げ、汗をして働く人が報われるよう下請取引の適正化に尽力。コロナ禍に苦しむ企業を守るため、延滞金・担保なしの納税猶予の特別実施に加え、無利子・無担保の資金繰り支援などをリードした。

3.小さな声をカタチに
苦しむ人に寄り添う政治姿勢。子どもの貧困を解消するため、親の婚姻歴の有無に関わらず、一定の収入以下の世帯の税負担を軽減する「ひとり親控除」を与党交渉で7年越しに実現。コロナ禍の困窮世帯支援として、緊急小口資金などの特例貸し付けの返済免除、非課税化なども推進した。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家西田まこと (ニシダマコト )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube