選挙ドットコム

さいとう武次郎 メッセージ

こんにちは。倉敷市議会議員のさいとう武次郎です。選挙直前にPCR検査をして陰性でした。

さいとう武次郎は、未来への責任を果たすために、このまちを担っていく子どもたち、孫たちを地域社会全体で育むことのできる地域力を高めることに全力を傾けます。

さいとう 武次郎

サイトウ タケジロウ/58歳/男

さいとう 武次郎

未来への責任。

選挙 倉敷市議会議員選挙 (2021/01/17) [当選] 3,048 票
選挙区 倉敷市議会議員選挙
肩書 倉敷市議会議員。二福学区子ども安全対策協議会会長
党派 無所属
その他
サイト

「さいとう 武次郎」をご支援いただける方は、是非個人献金をお願い申し上げます。
みなさまの役に立てるよう、日々の活動に大切に活用させていただきます。※選挙ドットコム会員登録(無料)が必要です

献金ボタンこの政治家に献金する

さいとう武次郎 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

寒い中にもかかわらず、地元の皆さんが、私と一緒に地域活動をしていただきました。

寒い中にもかかわらず、地元の皆さんが、私と一緒に地域活動をしていただきました。

子育て中のお母さんの声を聴く

子育て中のお母さんの声を聴く

避難所で安倍総理に支援拡充を直訴

避難所で安倍総理に支援拡充を直訴

Youtube

SNS情報

さいとう武次郎 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1963年05月26日
年齢 58歳
星座 ふたご座
出身地 岡山県倉敷市
好きな食べ物 梨 アイスクリーム
好きな本、漫画、雑誌 選挙に関する本 地方自治に関する本 福祉に関する本

略歴

  • 役  職
    倉敷市議会議員(8期目)
    元岡山県職員
    岡山地方自治政策研究会代表世話人
    倉敷市聴覚障害者協会顧問
    五東町内会役員
    倉敷市立第二福田幼稚園評議員
    倉敷市立第二福田小学校評議員
    二福学区子ども安全対策協議会会長
    第二福田学区交通安全対策協議会理事
    水島交通安全協会第二福田学区副支部長
    二福小いきいき子ども支援の会委員
    福田中学校区青少年を育てる会監査
    福田中学校区人権学習推進委員会委員
    NPO法人菜の花理事長

    著 書
    『いま、中国地域が動く』(共著)
    『岡山発! 若者たちの政治改革』(共著)
    『全国若手議員からのメッセージ』(共著)
    『地方分権で自治体議会は生まれ変わるか?』(共著)
    『子どもにやさしい学童保育』(共著)

政治家を志したきっかけ

中学3年生の時に実家が倒産して、逃げ回るような生活を強いられました。

その際に多くの方が助けてくれたのです。

そこで将来は、人や地域のためるになる仕事がしたいと思い県庁に就職しました。

しかし…当時はバブル絶頂期で、開発やイベント優先行政の感があり、これでいいのかと悩んでいました。

また、行政の中におり、官々接待や税金の使途に疑問を持つことも度々ありました。

わたし自身、行政は子ども・高齢者・障がい者のような社会的弱者支援を最優先すべきと考えていました。

だから、ずっと違和感をいだきつつ悩み続けていました。

一度だけの人生、後悔したくありませんでした。

弱い人のために仕事がしたい
恩返しができるような仕事がしたい

そんな思いから県庁を退職し、政治を志しました。

29歳のときです。

ご意見をお聞かせください

ご意見・お問い合わせは、ホームページ下部の「お問い合わせ」からお願いいたします。

さいとう武次郎 活動実績

平成31年
2月に第29代議長に就任
☆小学校全普通教室にエアコン設置


平成30年
☆未来クラブで、ネット市民アンケートを実施
☆学童保育支援員として、作業療法士を採用
☆豪雨災害被災者支援に奔走
☆被災者専用学童保育を設置、運営


平成29年
☆中学校全普通教室にエアコン設置
1月の市議会議員選挙で第28位(3,199票)で7期目当選
☆中学校全通教にエアコン設置
☆初の高校生インターン受け入れ
☆初の木造学童保育施設が完成
☆学童保育担当課に作業療法士を配置し、クラブ巡回訪問


平成28年
未来クラブで、熊本地震被災地支援街頭募金を実施。熊本を訪問し、義援金を届ける
☆学童保育エアコン設置補助金が創設
☆保育園第3子以降の保育料軽減化
☆中学校3年生教室にエアコン設置

平成27年
☆図書館開館時間が延長
☆産後ケア事業日帰りが助成対象に
☆子ども医療費無料化対象が中学生入院費に拡大

さいとう武次郎 政策・メッセージ

政策メッセージ

(チャレンジ1) 子どもたちの目が日本一輝くまち・倉敷へ

地域の活力は、すべての世代の人たちがいきいきと暮らせることで生まれます。

しかし、現在は少子高齢化が進展し、未来の倉敷を担う子どもたちが少なくなってきています。

子どもたちの笑顔や歓声は地域の元気の源です。

安心して、家庭が持て、子どもを生み育てることのできる環境づくりに取り組み、子どもたちの笑顔があふれるまちづくりをめざします。

① 保育園の待機児童をゼロにします。
② 学童保育の待機児童の解消と小学校6年生までの完全入所を図ります。
③ ICTの「オンライン授業」など、突発的災害時でも学べる機会を守る環境づくりに取り組み、子どもたちの学力アップをめざします。

(チャレンジ2) あらゆる災害から市民の命とくらしを守るまち・倉敷へ

被災地の復旧、復興、被災者の皆さんの生活再建、また新型コロナウイルス感染症などの災害から市民の皆さんの命とくらしを守るまち・倉敷に向けて、全力を尽くします。

地震、豪雨そして新型ウイルスの爆発的な感染拡大などの突発的災害は、いつ起きても不思議ではありません。

これらの災害から市民の皆さんの命と財産を守るのが市役所の使命(公助)です。

また、市民の皆さんも、自らの命を守るための備えが求められます。

災害に備えて、自身や家族の取るべき行動計画である「マイ・タイムライン」の作成(自助)、近所や地域の方々と助け合うための「自主防災組織」活動(共助)の推進をめざします。

そのために、地域の絆を強めるコミュニティ活動の推進をめざします。

① 被災地復興に全力を尽くします。
② 突発的災害から命を守るための備えを促します。
③ コミュニティ活動を徹底的に推進します。

(チャレンジ3) すべての人が輝くまち・倉敷へ

人口減少社会に対応した取り組みが求められます。

大胆な政策転換を行い、すべての世代の人がいきいきと輝くことで持続可能な未来が開けます。

健康寿命を延ばし、ご高齢者の方々が夢や希望を抱き、生きがいを実感できる社会、趣味や仕事やボランティア活動ができる社会づくりをめざします。

同時に、女性がより活躍でき、若者の働く場が増えるまちづくりをめざします。

① 健康寿命の延伸を図ります。
② 雇用創出により地方創生を推進します。
③ 若者や女性、高齢者の活躍の場づくりを応援します。

住民の皆様へのメッセージ

わかりやすい政治、身近な市政の実現をめざします。

日が当たらないところに、日を当てることが政治の役割だと思っています。

その一つとして、学童保育の充実に力を入れてきました。

今では、学童保育は国の大きな政策の一つとなっています。

しかし私が初当選し学童保育に取り組み始めた頃は、「学童保育」という言葉さえなかなか知ってもらえず、苦労しました。

それが、今ではなくなてはならないサービスとなったことは感慨深いものがあります。

子どもと一緒に参加できる催しにも取り組んできました。

ママさんたちの企画で、流しそうめんやBBQ、体験運動や絵本屋カフェ等、子どもと一緒に参加してもらい、その中で、ママさんたちのご意見をお聞かせいただくのが狙いです。

「若い人は政治に関心がない」と言うばかりでなく、若い人が参加したい企画の中で、政治の話をするチャレンジをしました。

また、コロナ禍での政治活動も試行錯誤しています。

SNSをフル活用して、コロナ情報をはじめ、行政情報やまちの情報を積極的に発信しています。

今まで、政治に関心がなかった・政治に距離を感じていた方々に向けて動画で情報発信もしています。

常に新しいスタイルでの政治活動を試行していきたいと思います。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家さいとう武次郎 (サイトウタケジロウ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube