選挙ドットコム

鈴木 ちづる ブログ

1月17日の朝に

2024/1/17

29年前も、私は今朝と同様に、数日前からの発熱で意識朦朧としていました。

 

あの朝、木造築50年の仮住まいの2階にて、

壁が平行四辺形の両側になるような大きな揺れを経験しました。

まだ結婚前で、京都の実家の建て替え中でしたので、近所に家族5人と猫数匹とで、仮住まいをしていたのです。

 

あの日、高熱の体で揺れの中、思いました。

この体では、私はここから走って避難なんてできない、きっとこのまま、、、、と。

 

 

体調が回復して仕事に向かい、

お休みの日には、仲間と募金活動を行い、

入院中の祖母には、できるだけ、ご飯の時間にお話をするために付き添い、

 

「今」を大切に、生きてきました。

 

 

12年前の震災の時は、私は妊娠中で、

(当時)広汎性発達障害と診断されていた長男が幼児、

長女は6年生で、集団下校なのか引き渡しなのか分からず。

身重の体でしたが、

我が子たちを守るため、必死で考えて、行動をしました。。。

 

あの時のさまざまな経験、忘れるわけがありません。

 

12年前の震災の際に

自分の経験で役に立ったことは、

・普段から多めにお米と水を買っていたこと。

・現金と乾電池は常備していること。

・ガスの復旧の仕方を知っていたこと。

・車にオムツパックなど必需品を入れていたこと。

・それまでの毎年9月1日の非常持ち出し袋見直しの時に、

食べものはカンパンだけではなく、超偏食の長男が普段から食べている、中チョコのお菓子を常備していたこと。

 

など。

 

障害のある子どもを抱えては、一般的な避難所には行けないので、

在宅避難についての情報を、個人的に集めたりするようになりました。

 

現在、公の立場となり、防災や安全対策で、まだまだ行き届いていないところに対して、災害対策・防犯等の特別委員としても指摘をして参りましたが、

 

今日の私はまた熱があり、、

素早い対応や、大きなお仕事ができず、非常に悔しいです。

 

しかし今後の長い時間をかけた支援は、例えばメンタルヘルスなども含めて

いろいろな形で必要になると思いますので、

体調が戻りましたら、しっかりと働きます。

 

災害で亡くなられた方々、そして

災害があったことで亡くなられた方々へ、

改めて哀悼の意を表します。

 

 

 

鈴木 千鶴 (旧姓 西村)

 

この記事をシェアする

著者

鈴木 ちづる

鈴木 ちづる

選挙 杉並区議会議員選挙 (2023/04/23) [当選] 5,167 票
選挙区

杉並区議会議員選挙

肩書
党派・会派 日本維新の会
その他

鈴木 ちづるさんの最新ブログ

鈴木 ちづる

スズキ チヅル/53歳/女

月別

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube