選挙ドットコム

大村 小太郎

オオムラ コタロウ/33歳/男

大村 小太郎

反緊縮!反構造改革!反グローバリズム!

選挙 練馬区議会議員選挙 (2019/04/14) 1,936 票
選挙区 練馬区議会議員選挙
肩書・その他 日本第一党 公認候補(練馬区)
党派 日本第一党
サイト

大村小太郎 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

力強く区民の方に訴えている街頭演説!!

力強く区民の方に訴えている街頭演説!!

講演会にて講師としても大活躍!!

講演会にて講師としても大活躍!!

緑豊かな練馬にて満面の笑顔!!

緑豊かな練馬にて満面の笑顔!!

SNS情報

大村小太郎 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1986年03月20日
年齢 33歳
星座 うお座
出身地 北海道札幌市 練馬区在住
好きな食べ物 お寿司 スープカレー
好きな本、漫画、雑誌 【好きな小説】 「❶壬生義士伝 / 浅田次郎氏(こんな父親になりたいです!!)」 「➋花神 / 司馬 遼太郎氏(大好きですが歴史観は踏襲しておりません 笑 )」 「❸アクロイド殺し / アガサ・クリスティ氏(最後のオチに油断していました 汗)」 【好きなマンガ】 「❶ジョジョの奇妙な冒険 / 荒木飛呂彦先生(学生時代にハマりました!)」 「➋SLAM DUNK / 井上雄彦氏(読み終えたらバスケ部に入部したくなります!)」 「❸三国志 / 横山 光輝氏(読み応えがありますが、後半から全員同じ顔に見えてきます 笑」 【好きな映画】 「❶アメリカン・ヒストリーX(頼りがいのある「エドワード・ノートン」の演技に惹かれます!)」 「➋ファイト・クラブ(弱々しい「エドワード・ノートン」の演技に惹かれます!)」 「❸真実の行方(表裏を使い分ける「エドワード・ノートン」の演技に惹かれます!)」

略歴

  • 「日本第一党」公認候補者
    「大村小太郎と練馬区の政治を国民の手に取り戻す会」代表
    「藩校Project!!」プロジェクトリーダー

    昭和61 年3 月生れの32歳、北海道出身。北海学園大学大学院 修士課程修了(政治学)。
    妻と共に2人の娘の子育てに奮闘するパパ。IT 業界のサラリーマンとして営業やSEとして従事。大学時代に議員インターンシップを経験。
    地方議員に同行して議会視察や事務所作業など生の政治活動を経験。さらに本格的に政治を学ぶため大学院で政治学を学ぶ。
    また、大前研一氏設立の政策学校「NPO 法人 一新塾」にて、子供たちの主体性を育む目的で「藩校Project!!」(教育プロジェクト)を立ち上げ、プロジェクトリーダーとなる。
    その後、政治を変えるためには行動することが必要と考え、保守系政治運動に参加。
    行政の矛盾改善や外国人への優遇政策の見直しをはじめ、経済問題、歴史問題なども含め政治運動だけでは抜本的改革が困難であると判断し、日本第一党より公認を得て現在に至る。
    また、自身の政治団体「大村小太郎と練馬区の政治を国民の手に取り戻す会」も設立し、日々街頭演説やWeb などでの発信、講演会や執筆活動も行っている。

大村小太郎 政策・メッセージ

政策メッセージ

【5つの見直し】
<① 外国人への生活保護の見直し>
14年前の平成十七年に外国人が生活保護を受けている世帯は2万8499世帯しか無かったにもかかわらず、たった11年余りで約1.7倍の4万7058世帯にまで増加し、過去最多に達しているのです。生活保護は日本国籍を持つ国民のための制度であり、憲法上も生活保護法上も対象は国民とされております。最高裁の判決においても、外国人に受給権がないことが明らかとなっております。そして、これらは各自治体の判断により止めることが出来るからこそ、私は外国人生活保護を見直して日本人のための社会保障拡充に当てます。

<② 国民保険の外国人による悪用を見直し>
国民健康保険は、日本国民の皆さんの健康を守るために運営されており、病気や怪我、出産、死亡に関して必要な給付を行うものです。これは外国人でも三ヶ月間、保険料を支払うことで加入出来ますが、医療目的の外国人は加入が出来ない事となっております。それにも関わらず、嘘の在留資格によって日本人の納めた税金を利用して、違法に日本の税金を使って高額な医療を受けている現状があるため、これを見直します。

<③ 各種税金の不正免除の見直し>
日本では扶養控除というものが有り、収入のない方などを養っている場合には、養っている人の収入に掛かる税金を減免することが出来ます。この様に、扶養親族を増やせば増やすほど、税金が課税される所得額が下げられていきます。この制度は日本人の場合、虚偽の申告をすれば扶養のチェックにより不正を取り締まる体制ができているのですが、外国人の場合は扶養控除の対象親族の実態が分からず、虚偽の申告をしても確認が取れない場合が多くあるため、日本人が損をしない税制の確立のために、この制度を見直しをします。

<④ 朝鮮学校の保護者への助成金の見直し>
現在練馬区では、昭和57年度より児童生徒をいわゆる各種学校の東京朝鮮学園・東京韓国学園に通学させている保護者に対し補助金を支給しています。しかし、この各種学校とは料理教室や自動車学校と同等のものであり、これら日本人が通うような学校への税金による補助金支給は行われていないのに、この二校のみに助成金を支給しております。ましてや文部科学省が定めたカリキュラムを満たしていない以上、そこに日本人の払う税金を投入する意味はないため、これらの見直しを行います。

<⑤ 自治基本条例(練馬区政推進基本条例)の見直し>
「自治体の憲法」や「まちづくりのルール」と言われ住民の自治を実現させる制度が、この自治基本条例(練馬区政推進基本条例)です。しかし、この中で定義されている区民というものは、憲法などに記載されていないため、そこに参政権のない「外国人」が含まれる可能性があります。その状態で住民投票を行えば参政権の無い「外国人」が区政に参加することが可能となってしまうため、日本人のための日本人による自治を守るためにも、自治基本条例(練馬区政推進基本条例)の見直しを行います。

【5つの政策】
❶【保育】待機児童解消と保育士の待遇改善
 ●統計定義の見直しによる実態の公表
 ●保育士の賃金を主とした待遇改善と拡充
 ●保育士の配置基準の強化
 ●適正保育環境の施設増設

❷【児童】区独自の児童相談所の設置と児童福祉司の待遇改善
 ●都に依存しない区独自の児童相談所設置
 ●児童福祉司の賃金を主とした待遇改善
 ●児童福祉司の業務向上のための人員拡充

❸【介護】介護保険の支給限度額引き上げと介護士の待遇改善
 ●介護保険の支給限度額引き上げ
 ●家族介護の負担軽減を目指す、制度設計の見直し
 ●介護士の賃金を主とした待遇改善

❹【奨学金】学生や若年層への奨学金負担軽減のため助成金の補助
 ●就学援助や給与の補助制度を実現
 ●学生に対する区独自の給付型奨学金
 ●新卒などの若年者への無利子での奨学金返済の立替支援

❺【不登校】不登校児童への自立支援
 ●支援学習施設の増設
 ●不登校学生の自立型支援の拡充

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家大村小太郎 (オオムラコタロウ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube