選挙ドットコム

井上一徳 メッセージ

井上 一徳

イノウエ カズノリ/59歳/男

井上 一徳

地方から日本を変える! 日本を守り抜く!

選挙 第49回衆議院議員選挙 (2021/10/21)
選挙区

京都5区 - 票

肩書 衆議院議員
党派 無所属
その他
サイト

井上一徳 最新活動情報

ブログ

ギャラリー

防衛省・自衛隊で約30年間勤務した経験を活かして、日本の安全保障、危機管理、災害対応に全力を尽くしてまいります。

防衛省・自衛隊で約30年間勤務した経験を活かして、日本の安全保障、危機管理、災害対応に全力を尽くしてまいります。

農業は国の礎です。世界人口が増加する中で食料を安定的に確保することは国の責務です。わが国の食料自給率を高め、京都北部の農業振興を図ります。

農業は国の礎です。世界人口が増加する中で食料を安定的に確保することは国の責務です。わが国の食料自給率を高め、京都北部の農業振興を図ります。

記録的な災害が毎年日本を襲うようになってきています。国民の命を守るためにも防災対策の一層の強化が必要です。

記録的な災害が毎年日本を襲うようになってきています。国民の命を守るためにも防災対策の一層の強化が必要です。

SNS情報

井上一徳 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1962年07月31日
年齢 59歳
星座 しし座
出身地 京都府舞鶴市
好きな食べ物 魚介類(とくに貝類)、肉、ネバネバ系
好きな本、漫画、雑誌 吉田松陰全集

略歴

  • 1969年 新舞鶴小学校入学
    1975年 白糸中学校入学
    1978年 東舞鶴高校入学
    1981年 横浜国立大学入学
    1986年 防衛庁入庁
    1998年 内閣官房内閣安全保障・危機管理室
    2006年 内閣総理大臣補佐官付
    2010年 防衛省運用企画局事態対処課長
    2014年 防衛省沖縄防衛局長
    2016年 防衛装備庁調達管理部長
    2017年 防衛省大臣官房審議官
    2017年 第48回衆議院総選挙 当選
    現在、衆議院議員1期目

政治家を志したきっかけ

私は京都北部・舞鶴市の出身です。私が子供の頃は地域に活気が溢れていました。今はどうでしょうか。東京一極集中が続き、日本の地方は人口減少が続き、地方衰退は加速化しています。このままでは日本の未来がありません。この素晴らしい日本を次世代にしっかり引き継いでいく、その強い思いを原点に使命感をもって政治活動を続けていきます。

ご意見をお聞かせください

ご意見・お問い合わせはこちらにお願いいたします。
井上一徳事務所
0773-62-1010

井上一徳 活動実績

横浜国立大学経済学部卒業。
防衛省沖縄防衛局長、防衛省大臣官房審議官を経て、
衆議院議員(1期目)。
衆議院総務委員会委員、消費者問題に関する特別委員会委員。
元衆議院憲法憲法審査会委員、元衆議院外務委員会委員、元衆議院安全保障委員会委員。
国会で106回の質問。

【主な加入議員連盟】
海事振興議員連盟
日本海沿岸地帯振議員連盟
若者政策推進議員連盟
外交・安全保障戦略を考える会
ボーイスカウト振興国会議員連盟
医療基本法の制定に向けた議員連盟
全国災害ボランティア議員連盟
障害者の安定雇用・安心就労の促進をめざす議員連盟
JICA議員連盟
超党派パパママ議員連盟
北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟
協同労働推進議員連盟(ワーカーズ議連)
科学技術・イノベーション議員連盟

井上一徳 政策・メッセージ

政策メッセージ

〇人を支える
■国民本位の政治を実現します。
政治は国民一人ひとりのためにあります。お金のある人、力のある人のために政治があるのではなく、お金のない人、力のない人のためにこそ政治はあります。
特定の人ではなく、国民一人ひとりのための政治を実行するとの思いから、私自身、企業団体献金のみならず個人献金も求めず、受け取らないことを信条として、政治活動を行ってまいります。
■安心できる教育、福祉・社会保障を実現します。
次世代の日本のため、子育て・教育環境の整備は最優先です。誰一人もとり残されることのない、一人ひとりにあった多様な生活・学習体制を整えます。
障がいを持った方々やその家族の方々も安心して生活できる福祉・社会保障制度を実現します。

〇地域を活かす
■地方全体に活力を取り戻します。
日本の素晴らしい自然、伝統、文化は地方の隅々に根差しています。私たちの宝を次世代に引き継ぐためにも、小さな集落を含む地方全体が活力を取り戻すことが必要です。
温かい血の通った地方政策を実行してまいります。

〇国を守る
■わが国の平和を守ります。
悲惨な戦争を経験したわが国において、平和な日本は国民すべての共通した強い思いです。厳しい安全保障環境を踏まえ、わが国自身の着実な防衛努力を続けます。また、日米安全保障体制を維持・強化し、し、さまざまな国との国際協力を進めてまいります。
■新しい時代にふさわしい憲法を追求します。
現行憲法は戦後日本が発展する上で大きな役割を果たしてきました。国民主権、平和主義、基本的人権の尊重という基本的な原理は多くの国民の理解と共感を得ており、引き続き堅持してまいります。「憲法は国民のもの」です。憲法制定後70年以上が経ち、制定当時とは国内外の情勢が大きく変化してきています。
憲法について議論し、新しい時代にふさわしい憲法を追求してまいります。

住民の皆様へのメッセージ

地方の発展なくして日本の発展はありません。地方から日本を変えていきます。地方が衰退し、東京一極集中が進む状況を大きく変えることが絶対に必要です。新型コロナウイルスの感染状況からも明らかなように、都市集中のデメリットははるかに大きくなっています。
今求められているのは、地方衰退と都市集中の同時解消であり、全国的に均衡のとれた、美しく住みよい日本の実現です。予算と権限、人を地方に大きく振り向け、地域住民に密着する地方公共団体が地域の実情に応じた政策を迅速に実行できるようにすべきです。

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家井上一徳 (イノウエカズノリ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube