選挙ドットコム

たじま要 メッセージ

 コロナ禍で1つわかったこと、それは、政権与党の危機管理能力が実は低かったと言うことです。総裁選で1つはっきりしたこと、それは、政権与党には自ら生まれ変わる気が全くなかったと言うことです。今の政治は、自分たちの権力保持が第一。だから、利権と金権の政治も、世襲とお友達の政治も、忖度隠蔽改ざんの政治も、これからもずっと続いていきます。
でも、皆さん、こんな政治を続けていて本当に良いのでしょうか?
 いいはずがありません。なぜなら日本は今、先進国から脱落する瀬戸際にあるからです。なぜ日本だけ、実質賃金が下がり続けるのでしょうか?なぜ日本だけ、女性の平均賃金が男性のわずか7割なのでしょうか?なぜ日本だけ、最低賃金が先進国の中でも最低水準なのでしょうか?
 18歳以上の私たち大人の責任で、こんな政治を今度こそ終わりにしましょう。そして私たじま要とともに、新しい日本の政治を始めましょう。日本を何よりも、教育や子育てなど人づくり最優先の国にします。また、人生後半の不安を減らし、医療や介護の負担を極力軽くします。そして、必要な財源を生み出す鍵となる自然エネルギー社会を構築します。
 今の政権権力の延長線上に日本の未来は絶対にありません。本物の改革を、新しい政権政党とともに始める。これが日本の未来を救う唯一の道です。国政が変われば、日本はもっと良くなる。子どもたちに、もはやこれ以上のツケを回すのではなく、今よりも安心が広がり、希望が感じられる日本を引き継いで参りましょう。
日本人ならそれができる。
動けば変わる、未来のために。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

たじま 要

タジマ カナメ/60歳/男

たじま 要

動けば変わる、未来のために。

選挙 第49回衆議院議員選挙 (2021/10/19)
選挙区

千葉1区 128,556 票 [当選]

比例 南関東ブロック 立憲民主党

肩書 立憲民主党環境エネルギー調査会長
党派 立憲民主党
その他
サイト

たじま要 最新活動情報

ブログ

SNS情報

たじま要 プロフィール・略歴

パーソナルデータ

生年月日 1961年09月22日
年齢 60歳
星座 おとめ座
出身地 愛知県名古屋市

略歴

  • 愛知県名古屋市出身。東京大学法学部卒業。法学士。NTTに入社。米ペンシルベニア大学ウォートン・スクールMBAを取得。2003年、衆院選千葉1区にて初当選。民進党エネルギー環境総合調査会事務局長を務める。

政治家を志したきっかけ

人生の折り返し40歳の時政治を志しました。人生の前半はグローバルなキャリアアップ、在米と在フィリピン約10年、世界約60カ国を訪問、その知見を活かし、人生後半は母国のために世のため人のため尽くしたいと考えました。

たじま要 活動実績

立法 ※提案・起草から携わったもののみ
【提出】(新型コロナ対策)家賃支援法
新型コロナ感染症の流行で影響を受けた飲食店、小売店などのテナント家賃を政府が肩代わりするための法案を提出しました。与党が審議を拒否したため、成立しませんでした。

【成立】特別養子縁組推進法
出産直後の遺棄や虐待その他の理由で社会的養護が必要な子どもたちが、新たな親と共に家庭で育つことができる環境を作るための法律です。

【成立】自転車活用推進法
健康にも環境にも良い移動手段である自転車を利用しやすくするとともに、より安全に活用してもらうための環境を作るための法律です。

【成立】再犯防止基本法
日本では一度犯罪を起こして刑務所から出た人の半分が再び犯罪を犯してしまう、再犯率が高い国です。再犯を防ぐために出所者の生活を見守りながら安定させるための様々な取り組みを進める法律をつくりました。

【成立】改正公職選挙法(インターネット選挙解禁法)
日本では選挙に関する規制、特に印刷物などに関する規制が厳しく、有権者への情報提供が不十分でした。この法律によってインターネットにおける選挙運動が解禁され、ウェブやSNSで候補者と有権者との活発なコミュニケーションが可能な選挙が実現しました。

【提出】分散型エネルギー利用促進法案
分散型エネルギー利用促進法案は、東日本大震災・福島第1原発事故の教訓として、原子力依存度を可能な限り低減、大規模集中型中心のエネルギー施策からの脱却を目指し、地域エネルギー源を効果的・効率的に活用してエネルギーの地産地消・分散型エネルギー利用を推進することを目的とした法律案です。地域の資源や人材を活用し、それによる利益を地域に還元することで、雇用機会の創出・地域経済の活性化による自立的で個性豊かな地域社会の形成を目指します。国が分散型エネルギー利用促進基本方針を策定し、地方自治体がそれに基づく分散型エネルギー利用促進計画を策定、国から自治体への交付金により自治体が主体的に分散型エネルギー利用を促進するという仕組みを作ります。

エネルギー政策

国産エネルギーである再生可能エネルギーの導入を促進し、地域でお金が回り、災害にも強い分散型エネルギー社会を作るとともに、温暖化問題を解決するためのエネルギー政策に取り組んでいます。研究者の皆さんと共に、科学的根拠に基づいて立案したビジョンとロードマップは、今回の選挙の立憲民主党のエネルギー政策として結実しました。

地元千葉に関連した実績

羽田空港の拡張に伴い千葉市上空を航空機が低空で飛行する問題が発生した際には、国交省と交渉し、進入高度を調整やルート変更を求め、騒音の軽減に取り組みました。

震災・原発事故対応

東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故発災の際には、政府の原子力災害現地対策本部長として3か月間福島県に常駐し、事故対応や被災者の皆さんの生活支援に取り組みました

これまでの得票状況

ホーム政党・政治家たじま要 (タジマカナメ )

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube