選挙ドットコム

衆院長崎4区補選は前職と新人の一騎打ち!10月22日投票

2023/10/21

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

10月10日に告示された衆院長崎4区補選には、社民党が推薦する立憲民主党前職の末次精一(すえつぐ・せいいち)氏(60)、公明党が推薦する自民党新人の金子容三(かねこ・ようぞう)氏(40)の2名が立候補しました。投開票は10月22日に行われます。

今回は岸田政権への評価、物価高対策、地域の活性化などが争点と考えられます。

地域に再び活力を与え、だれもが豊かな郷里をもてる希望を 末次氏

末次氏は長崎県佐世保市生まれ、京都大学工学部卒業、2014年に長崎大学経済学部大学院卒業。川崎製鉄株式会社(現 JFEスチール)技術者を経て、2007年から長崎県議会議員選挙に2期連続当選。2021年の衆議院議員選挙で比例区九州ブロックにて当選、現在は立憲民主党長崎県第3区総支部長、障害者就労支援B型事業所NPO法人ハッピーワーク理事長を務めています。

末次氏は以下の政策を掲げました。

故郷のために、この国の未来のために、豊かな未来を創りたい 金子氏

金子氏は長崎県長崎市生まれ、慶應義塾大学法学部法律学科卒業、2017年に米国ウィリアム&メアリー大学修了。SMBC日興証券を経て、2023年にTOKYO自民党政経塾を修了、自由民主党長崎県第三選挙区支部長に就任しました。

金子氏は以下の政策を掲げました。


衆議院議員補欠選挙(長崎4区) 10月22日投票 立候補者一覧はこちら>>

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム衆院長崎4区補選は前職と新人の一騎打ち!10月22日投票

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twittericon_twitter_whiteicon_youtube