選挙ドットコム

【参院選2022】投票日前日までの終盤戦、候補者はどのようなことをツイートしていた?(7月5日~7月9日)

2022/7/13

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

参院選の選挙戦も佳境を迎えた終盤戦、各候補者は投票日前日までどのようなことをツイートしていたのでしょうか。選挙ドットコムがテキストマイニングツールで調査しました。

【関連】公示日から序盤戦、候補者はどのようなことをツイートしていた?(6月22日~6月27日)
【関連】中盤戦に候補者はどのようなことをツイートしていた?(6月28日~7月4日)

候補者全体

安倍晋三元総理が銃撃された事件について、蛮行を非難する声が上がりました。暴力に屈せず民主主義を守る決意を示した議員も多くいました。また、激戦区の候補者が最後のお願いをしていたり、支援者に感謝したりするツイートも増えていました。

党派別一覧

今回個別に取り扱った党派は、参院選の公示前の時点で参議院に議席を有し、今回の参院選で複数の候補者を擁立していた国政政党です。それ以外の党・団体については諸派としてまとめています。
各党派が終盤戦でどのようなツイートをしているのか、見ていきましょう。

自由民主党

中盤までと同様に、激戦が予想された候補者の名前が目立っています。
また、情勢が厳しいとされる候補者が終盤の追い上げを狙って、必死に有権者に訴えかけている状況も見て取ることができます。

公明党

党の政策をアピールしつつ、激戦区の候補者名を最後まで前面に押し出していました。
また、連立政権を組む自民党の候補者の応援も積極的に行っていたようです。

立憲民主党

独自の政策を前面に出し、与党との対決姿勢を示していました。
激戦といわれる選挙区の候補者名は、選挙戦の序盤から最後まで大きくアピールされていたようです。

日本共産党

最後まで党の基本政策を強く訴えながら、党名を前面に押し出していました。
また、Twitterの「スペース」での配信を候補者が案内しているツイートも多く見られました。

日本維新の会

衆議院議員が積極的に応援に入ったり、京都選挙区では国民民主党の前原誠司代表代行も街頭演説を行うなど、激戦が予想されていた候補者の支援を最後まで強く呼びかけていたようです。

国民民主党

厳しい戦いになっている候補者の名前を中心に、有権者に強くアピールしていました。
玉木雄一郎代表は最後まで積極的に各地で応援に入っていたようです。

れいわ新選組

Twitterの「スペース」やライブ配信、盆ダンスなど党の特色を出した選挙活動が続いていました。
山本太郎代表や著名な候補者の知名度を生かした選挙戦だったといえます。

社会民主党

厳しい情勢が伝えられていましたが、福島みずほ党首が序盤から前面に出て、最後まで党の方針を熱心に訴え続けていました。

NHK党

立花孝志党首や知名度のある候補者を最後まで前面に押し出し、政見放送やYouTubeを案内して最後までアピールをしていました。

諸派

党名を大きく出したり、候補者名をアピールしたり、また政策を前面に出すなど、それぞれ違う戦略で有権者への浸透を狙っていました。今回の参院選の結果、政党要件を獲得した参政党については関連するキーワードが比較的よく見受けられます。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

『選挙をもっとオモシロク』を合言葉に、選挙や政治家に関連するニュース、コラム、インタビューなど、様々なコンテンツを発信していきます。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

My選挙

あなたの選挙区はどこですか? 会員登録をしてもっと楽しく、便利に。

簡単政治ネット献金
採用情報

記事ランキング

ホーム記事・コラム【参院選2022】投票日前日までの終盤戦、候補者はどのようなことをツイートしていた?(7月5日~7月9日)

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_white選挙ドットコムHOMEicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube