選挙ドットコム

【群馬県知事選】参院選と同日選、新人2人の一騎打ち|石田清人氏 VS 山本一太氏

2019/7/20

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

7月4日に告示された群馬県知事選挙には、共産党が推薦する石田清人氏(62)、自民、公明の2党が推薦する山本一太氏(61)の無所属新人の2名が立候補しました。投開票は参院選と同日の7月21日に行われます。
今回は人口減少対策、まちづくり政策などが主な争点と考えられます。

全国12位の財政力を県民生活に活かす政治を。石田清人氏

石田氏は1957年新里村(現 桐生市)生まれ、日本大学文理学部卒業。臨時教員を経て教師となり、小中学校で長年務めました。全群馬教職員組合執行委員長などを歴任。今回は県労働組合会議や共産党県委員などによる政治団体「憲法をくらしに生かす県政の会」の擁立候補として出馬しました。

石田氏は「子どもも、おとしよりも、誰もが生きやすい群馬県に」をスローガンに政策を掲げています。

県の課題は幸福度・魅力度・財政の壁を突破すれば実現する。山本一太氏

山本氏は1958年群馬県吾妻郡草津町出身、中央大学法学部卒業、米国ジョージタウン大学院年修士課程修了。国際協力事業団(JICA)、国連開発計画(UNDP)ニューヨーク本部職員、山本富雄参議院議員秘書を経て、1995年の参院選に初当選。以降4期連続当選を果たしました。外務政務次官、外務副大臣、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・科学技術政策・宇宙政策情報通信技術政策・海洋政策・領土問題担当)などを歴任しました。

山本氏は政策「群馬をもっと輝かせる、山本一太5つの重点政策」を掲げています。

この記事をシェアする

選挙ドットコム編集部

選挙ドットコム編集部

選挙をもっとオモシロク” 選挙・政治分野における情報公開やITの活用を促進し、国民の関心を高めることで戦後最高の投票率を更新することを目指しています。

選挙ドットコムの最新記事をお届けします

ホーム記事・コラム【群馬県知事選】参院選と同日選、新人2人の一騎打ち|石田清人氏 VS 山本一太氏

icon_arrow_b_whiteicon_arrow_r_whiteicon_arrow_t_whiteicon_calender_grayicon_email_blueicon_fbicon_fb_whiteicon_googleicon_google_whiteicon_homeicon_homepageicon_lineicon_loginicon_login2icon_password_blueicon_posticon_rankingicon_searchicon_searchicon_searchicon_searchicon_staricon_twitter_whiteicon_youtube